「相変わらず」

「相変わらず」

熟練された眼鏡職人「千一」の記念すべき十五作目の眼鏡は意外にも昔ながらのなつかしい形。

そういえば、眼鏡はいつの時代からあったのか?
インターネットが無い時代テレビが無い時代
江戸時代にはすでに、日本で造られていたとか・・・

昔から眼鏡はほとんど姿を変えていない。
眼鏡の職人たちは「相変わらず」同じような形を作り続けている。

眼鏡を掛ける人への愛情
眼鏡そのものへの愛情
それも変わらない。

「相も変わらず」と言われても、職人はそれをやめない。

そんな職人に思いを馳せて眼鏡が好きになる私もまた相変わらず。

眼鏡が必要な人も、そうでない人にも眼鏡職人の変わらない愛情(作品)を見てもらいたい!!
オンデーズスタッフはいつもそんな気持ちでいます!

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日程 -
オンデーズ
オンデーズ
2F/メガネ
TEL:076-255-3033