イブニングジャズライブ

菊地まゆ子

菊田茂伸

山口真由子

沢木浩作

日程:2018年1月24日(水)
時間:(1)16:00~ (2)17:30~
場所:1F セントラルコート

《菊地まゆ子 ピアニスト》
山あいの町 東京奥多摩に生まれ、たくさんの自然の中で育つ。
NHKの子ども番組で弾き語りをする歌のお兄さんに憧れ、4歳でクラシックピアノを始める。
大学時代からドイツリートを中心に声楽および器楽の伴奏を数多く経験。
その後、ジャズやコメディーなどジャンルを超えたパフォーマンスに傾倒し、音楽の世界から演劇、大道芸、キャバレーショー、ミュージカルなど幅広いフィールドでバラエティーに富むアーティストと多数共演。
現在、自己のリーダートリオのほか、ヴィブラフォン奏者 山口真由子氏とのデュオ「Cocoooon」や、そこにパーカッションの熊本比呂志氏が加わったトリオ、ピアニストでアレンジャーの浜博志とのピアノデュオ「ホンキー・ピアノ」、親子向けイベントのために結成した「いたずら~ズ」(ギター金澤健太、ベース 菊田茂伸、ドラム 沢木浩作)の活動のほか、様々なアーティストのサポートを積極的におこなっている。
毒やユーモア、自分の生き方そのものを感じさせる演奏を目指し、ピアノの上でもっと自由になりたい一心で日々を過ごしている。
そのプレイは「野生的」「ドラマティック」と評される。
好きなぬか漬けはにんじん。

《菊田茂伸(bass)》
東京生まれ。高校時代にエレキベースを手に、大学でウッドベースの奏法を習得。
大学時代からプロ活動を始める。
現在都内を中心に年間300本超のライブ、ツアー、レコーディングなど中心とした活動を展開。
ジャンルはメインのジャズからポップス、民族音楽、子どもたち対象のコンサートまで幅広い。
作曲・アレンジも手がけ、他のアーティストへの楽曲・編曲の提供のほか自己のジャズピアノトリオ「菊田茂伸trio」を中心にそれら作品を発表。
2017年9月に通算4作目となるトリオCD「The City Life」をリリース。
それを記念して東京・千葉・横浜・山梨・宮城を回るツアーを予定。全国流通も決定している。
自身のトリオで2009年から9年連続でMt.Fuji河口湖JazzFestivalに出演。
伝統的なスタイルを基調にしつつ即興で新しい展開を拡げる音楽をモットーとし、誰しもが楽しめるステージを常に目指している。

《山口真由子(Vib)》
国立音楽大学卒業。卒業演奏会に出演。同大学アドバンスド演奏応用(ジャズ)コース修了。
第15回日本クラシック音楽コンクール全国大会最高位受賞。
ヤマノビッグバンドジャズコンテスト優秀賞・最優秀賞(2回)受賞。
2004年"東京JAZZ"オープニングアクトに出演。
2010年"平城遷都1300年祭"に楽曲提供し好評を得る。
現在、全国各地でのコンサートやジャズライヴ・CDレコーディングのみならず医療・教育機関での公演、NHK連続テレビ小説「わろてんか」やガンダムシリーズなどの有名映像作品BGMへの参加や、NHK「あさイチ」Eテレ「ひみつのちからんど」「シャキーン!」をはじめとするテレビ・ラジオ出演、舞台音楽・専門学校のイメージソングプロデュース、打楽器アンサンブル作品の作編曲、全日本アンサンブルコンテスト審査員や後進の指導など活動は多岐に渡る。

《沢木浩作 ドラム叩き》
那須高原育ち。
祭りの血のたぎり、冬の朝のシンシンとした空気感、微睡みそうな春の森、四季、自然を感じさせるようなアコースティックにおけるプレイを追求している。
きな粉、民芸品、北欧が大好き。

日程 2018年1月24日(水)
時間 (1)16:00~ (2)17:30~
場所 1F セントラルコート