• 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文

ホーム > イベント

イベント 開催予定のイベント情報をご紹介!!

Back Bone mini LIVE

日程:5月27日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
加藤Billy真弘(トロンボーン)
山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)
熊丸 久徳(パーカッション)
蛇池 雅人(アルトサックス)
板谷 大(ピアノ)

Back Bone mini LIVE
加藤Billy真弘(トロンボーン)

Back Bone mini LIVE
山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)

Back Bone mini LIVE
熊丸 久徳(パーカッション)

Back Bone mini LIVE
蛇池 雅人(アルトサックス)

Back Bone mini LIVE
板谷 大(ピアノ)

全国的に活躍中のプレイヤーと北海道の実力派の共演をお楽しみください。

加藤Billy真弘(トロンボーン) かとう まさひろ
東京都世田谷区生まれ。昭和音楽大学短期大学部でTromboneを学び、東京ディズニーシーのメインバンド、マリタイムバンド在籍。その後、マクドナルドのBig mouthバンドリーダー兼、全てのアレンジを担当、全国ツアーにドナルドと共に参加。特別ドラマ「私は貝になりたい」にバンドマン役として出演。少年サンデーの音楽マンガの全監修を担当。5年前よりイギリスのTromboneブランド、Michael Rathの専属Artistとなり、自己のバンドBack Boneで活動中。Rolling stonesのMichael Davis氏やIncognitoの他、多くの偉大なmusicianと共演を果たす。ハンガリーのリスト音楽院の150周年コンサートにアジア人の代表として出演。

山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル) やまがた まりこ
北海道札幌市出身。幼少よりピアノ、12歳よりトロンボーンを始め、北海道教育大学札幌校では、小学校教育創作分野を研究し卒業。教育分野で働いた後、上京。国立音楽院に通い、作詞作編曲、音楽療法、舞台音楽などを学ぶ。自己リーダーバンド[MARIKO Quartet ]で初アルバム発表(2012年7月)。Voを大野えり氏に師事。現在は、東京と札幌を拠点にライブ活動を展開中。

熊丸 久徳(パーカッション) くままる ひさのり
カシオペアや浪速エキスプレスに憧れプロミュージシャンを目指し、その後ドラマー神保彰氏の推薦で1989年にヤマハドラムのエンドーサーとなる。スタジオワークとしてこれまでレコーディングやツアーを主とし、代表アーティストにKAN、小泉今日子、大橋純子、BIGIN、鈴木雅之、岡本真夜など多々に参加。現在、ヤマハドラム講師やドラムクリニック、セッションなど全国的に展開中。

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

ページの先頭へ戻る

Ben Jansson カルテット JAZZ LIVE

日程:5月28日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
Ben Jansson(サックス)
酒本 廣継(トロンボーン)
Addison Frei(ピアノ)
Perrin Grace(ベース)

Ben Jansson カルテット JAZZ LIVE
Ben Jansson(サックス)

Ben Jansson カルテット JAZZ LIVE
酒本 廣継(トロンボーン)

Ben Jansson カルテット JAZZ LIVE
Addison Frei(ピアノ)

Ben Jansson カルテット JAZZ LIVE
Perrin Grace(ベース)

アメリカ・ミシガン州出身のサックス奏者Ben Janssonを中心とした実力派演奏家によるジャズライブをお楽しみください。

Ben Jansson(サックス) ベン・ジェンソン
アメリカ合衆国ミシガン州出身。サックスをデトロイトの伝説的サックス奏者George"Sax"Benson、Pat Labarberaに師事。現在は自己のバンドを率いて、ニューヨーク、デトロイト、シカゴ、クリーヴランド、カナダなどミシガン州内外、そして国際的にも精力的に活動中。2006年にはアナーバーのFirefly ClubでのライブをレコーディングしたデビューCD「Sweetie Pie」を発表。ジャズの伝統的サウンド、強烈にスウィングするプレイは聴く者、共演者すべてを虜にする、注目のミュージシャンである。

酒本廣継(トロンボーン) さけもと ひろつぐ
1977年、北海道門別町生まれ。苫小牧の高校からジャズビッグバンドに入り、トロンボーンを始める。この時グレンミラー楽団を聞きジャズに興味を持つ。北海道工業大学に進学しビッグバンドサークル「Sunny Fields Jazz Orc.」に所属し、札幌でのライブ活動を始める。卒業後3年間営業職に勤務したものの音楽への熱意が大きくなり、プロプレイヤーになることを決意。2002年、プロ活動を開始。札幌でのライブにて道外からのミュージシャンとの交流ができ、タイガー大越、村田浩、小濱安浩、ジェイ・トーマス氏など様々な一流プレイヤーと共演する。その後道外でのツアーライブ活動を始め、名古屋では小濱安浩が率いる「C.U.G.Jazz Orchestra」に参加。東京では札幌唯一のディキシーランドジャズバンド「ジョニー黒田とディキシープリンス」で新宿トラッドジャズフェスティバルに参加。いずれも好評を得る。また、自分の得た経験や知識を他の人にも活かしてほしいという願いから、小中学生を対象にした「北海道ジュニアジャズワークショップ(H.J.J.W.)」を設立。札幌のジャズシーンを盛り上げているプレイヤーの一人である。

Addison Frei(ピアノ) アディソン・フライ
ニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニスト。2016年南アフリカ大学ピアノコンクール、2015年アメリカンジャズピアニストコンクールで優勝。今年2枚目のソロアルバム「Transit」をリリースしている。

Perrin Grace(ベース) ペリン・グレイス
2016年にマンハッタン音楽学校を修士号を得て卒業したベーシスト。ニューヨークの様々なジャズクラブで数多く演奏している。自身のEP「Nef」をリリースしている。

ページの先頭へ戻る

蛇池雅人トリオ JAZZ LIVE

日程:6月3日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
蛇池 雅人(アルトサックス)
中島 弘惠(ピアノ)
北垣 響(ベース)

蛇池雅人トリオ JAZZ LIVE
蛇池 雅人(アルトサックス)

蛇池雅人トリオ JAZZ LIVE
中島 弘惠(ピアノ)

蛇池雅人トリオ JAZZ LIVE
北垣 響(ベース)

中堅・若手実力派によるジャズライブをお楽しみください。

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

中島 弘惠(ピアノ) なかじま ひろえ
1986年札幌出身。幼少から音楽や絵画などに強く興味を持つ。高校卒業後の進路を決めかねていた時ピアニスト田中朋子に出会い、2004年から1年半師事する。2006年よりライブに出演するようになり、同時にオリジナル曲も多く作曲し始め、主に初めて結成した自己のバンド"kook"で演奏した。様々なミュージシャンとのバンドでの活動やセッション、北大ゴスペルサークル"ciel"でのピアニストなどを経て、現在は、北垣響(b)、伊藤宏樹(ds)とのピアノトリオを中心に、精力的に活動している。また、タンゴバンド"El Pente"でのライブやミロンガでの演奏、舞踏家竹内実花との完全即興でのライブ、タップダンスの吉田つぶら・Warren Claftとの道内ツアーに参加するなど、演奏活動は多岐に渡っている。米木康志(b)、石渡明廣(g)、小山彰太(ds)、セシル・モンロー(ds)、峰厚介(ts)、秋山一将(g)他多数のミュージシャンと共演。2009年Sapporo City Jazzによるコンピレーションアルバム『DRIVING JAZZ HOKKAIDO~first impression』にソロで参加。翌年2010年の『DRIVING JAZZ HOKKAIDO Lake』では奥野義典カルテット(柳真也(b)、舘山健二(ds))で参加。

北垣 響(ベース) きたがき きょう
1980年京都生まれ。大学入学と共にコントラバスに出会い、在学中よりさまざまなプレイヤーと競演を重ね、2006年よりプロとして活動し始める。現在札幌を中心に、板谷大DNGトリオ、福川ゆみ、石田幹雄とのユニット、南山雅樹バンド、山田敏昭トリオ、他様々なバンド、ツアー、セッションで活動中。

ページの先頭へ戻る

nica TRIO JAZZ LIVE

日程:6月4日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
nica(ボーカル)
山野 友佳子(ピアノ)
金野 俊秀(ベース)

nica TRIO JAZZ LIVE
nica(ボーカル)

nica TRIO JAZZ LIVE
山野 友佳子(ピアノ)

nica TRIO JAZZ LIVE
金野 俊秀(ベース)

精力的な活動を展開する実力派によるジャズライブをお楽しみください。

nica(ボーカル) にか
1986年9月30日東京生まれ。8歳よりエレクトーンを始める。商業高校の国際経済科で英語を勉強、16歳よりヴォイストレーニング及び音楽理論について学び、ライブハウスなどでLed Zeppelinなどを歌い始める。その頃Donny Hathawayを聴き衝撃を受け、ソウルやブルース、ジャズに傾倒。高校卒業後、昭和音楽大学作曲学科サウンドプロデュースコースに進学し、作曲を主としてDTMや録音技術、音楽機材について学び始める。2009年、4年間で無事卒業。17歳の頃よりジャズシンガーとしてのキャリアをスタートさせ、都内近郊のレストランやホテル、バーなど10代より年間100本以上のライブを行う。2006年には宮之上貴昭氏と共演し、以後交流を深めている。2008年7月に宮之上貴昭氏プロデュースによるファーストアルバム"nica with Yoshiaki Miyanoue"をリリース。Stereo誌、AudioAccessory誌に掲載されAudioAccessoryでは推薦盤に選ばれる。2010年8月にカルフォルニア・サンノゼにて開催されたSan Jose Jazz Festival 2010に宮之上氏と同行、初めて海外のステージを踏む。大学在学中よりソフィーブロッサム音楽院、VSP音楽院、他音楽教室にて非常勤として勤務、また個人レッスンも行う。2013年には角川アスキー研究所、ネリム企画制作の「舞台ドリームクラブ~国民総ピュア化計画☆エブリディが週末!?~」のキャスト歌唱指導を担当。

山野 友佳子(ピアノ) やまの ゆかこ
3歳からヤマハ音楽教室でピアノを習い始める。東京音楽大学付属高等学校~同大学へ進学し本格的に音楽を学び始める。18歳からジャズを習い、演奏活動を開始。その後、自身のオリジナル楽曲の演奏活動も開始。ジャズピアノを清水 絵理子氏に、クラシックを小高 明子氏、稲田 潤子氏に師事。また、学内にてペーテル・ヤブロンスキー氏の公開レッスンを受講。2015年6月にオリジナル曲を収録した2ndアルバム、『2nd Stage』納 浩一(ba)、藤井 学(ds)をリリース。2015年9月~2016年4月、『読売プレミアム』よりコラムを連載。現在多くのライブハウスやフェスティバルに出演。台湾・香港・フランス・スペイン・アメリカでの海外公演や海外のアーティストと共演するなど、幅広い地域とジャンルで活動を展開している。その他、KORG Cafe Style認定講師、リー・エバンス協会研究員。
Blog:http://blog.goo.ne.jp/angela-major7

金野 俊秀(ベース) かねの としひで
1983年生まれ、旭川市出身。15歳でギターを始め、17歳でエレキベースに転向。大学入学を機に札幌へ移り住み、20歳の頃にジャズに出会いウッドベースも始める。大学在学中から市内のジャズ喫茶、ライブハウス等で演奏活動を行い、エレキベースとウッドベースの両方を扱うマルチプレイヤーとして、ジャズ、フュージョン、ファンク、ラテン、ロック、ポップス等、幅広いシーンでの演奏活動を続ける。2012年11月自身のリーダーバンド"Vital Trial"で1stアルバム「Spiral」をリリース。2014年9月クラシックをカジュアルアレンジしたバイオリンカルテット"HIKAblef"で1stミニアルバム「Classual Party」をリリース。2015年5月、日本と西洋の音楽要素を融合し新境地のアンサンブルを追求するグループ"ワートシンフォニー"で1stアルバム「未来への道を描く人」をリリースし、2016年10月には同バンドで2ndアルバム「地平線で見る夢」をリリース。現在も札幌市内を中心に全道各地で演奏活動、講師活動を展開させている。エルム楽器、愛宕音楽院、music studio big treeでベース講師も勤める。
Website:http://m.bassist3.webnode.jp/

ページの先頭へ戻る

ソプラノDUO・ピアノ コンサート

日程:6月10日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
金宮 亜弥(ソプラノ)
工藤 由利香(ソプラノ)
北濱 佑麻(ピアノ)

ソプラノDUO・ピアノ コンサート
金宮 亜弥(ソプラノ)

ソプラノDUO・ピアノ コンサート
工藤 由利香(ソプラノ)

ソプラノDUO・ピアノ コンサート
北濱 佑麻(ピアノ)

若手実力派による演奏をお楽しみください。

金宮 亜弥(ソプラノ) かねみや あや
神奈川県に生まれ苫小牧で育つ。中学のころから合唱に触れ、高校生で声楽を習い始める。苫小牧合唱団に入団後最年少でソリストに。大学在学時には学内コンサートなど企画、出演。聖歌隊としても活躍した。大学卒業後は横浜にてコンサートの企画手伝い、演奏活動を行う。2005年音楽工房G.M.Pオーディション合格者コンサート、オペラ塾「歌鳴屋」公演、PORTOレクチャー・コンサート、第6回苫小牧新人音楽会、三岸美術館トゥインクルコンサート、時計台七夕コンサート等に出演。苫小牧市内にある喫茶店ダンディライオンで4月に演奏した際は好評を博し新聞に掲載された。5月には自身初のソロリサイタルを苫小牧弥生教会で開催。中学・高等学校教諭第一種免許状取得(音楽・情報)、コールあかしやの歌唱指導、指揮、道新文化センター(千歳)のボーカルトレーニング講師の経験を経て、現在は円山にあるボイスレッスン教室スマイルヴォイスのインストラクターを務めている。2児を出産後も主にブライダル関連で演奏活動をしながら札幌・苫小牧を中心に活動中。北海道浅井学園(現北翔大学)芸術メディア学科卒業。今までに、声楽を友田郁子氏、岡崎正治氏、一鐵久美子氏に、ピアノを真籠晶子氏、鈴木しおり氏に師事。
オフィシャルHP:http://suzukiaya.gtuned.net

工藤 由利香(ソプラノ) くどう ゆりか
札幌市出身、札幌西陵高校卒業。札幌大谷大学音楽学部音楽学科在学中、西明美、三縄みどり、メラート・アンドレア各氏の学内公開レッスンを受講。2013年ニコレッタ・コンティ氏のマスタークラスを受講。2007年度毎日学生音楽コンクール高校の部銅賞、2009年度大学・一般の部第3位。2012年札幌市民芸術祭新人音楽会に合格、同演奏会に出演。amabileエトワールコンサートなど多数演奏会、北海道二期会オペラ『愛の妙薬』『こうもり』『不思議の国のアリス』『ショパン』に合唱団として出演。各公共施設などでの演奏も多数行っている。現在、声楽を平野則子氏に師事。

北濱 佑麻(ピアノ) きたはま ゆま
札幌市出身。京都市立芸術大学卒業、同大学院修士課程を首席で修了。大学院市長賞を受賞。2016年より奨学金を得てアメリカ、ノースフロリダ大学Performance certificateで学ぶ。全日本学生コンクール北海道大会小学生の部第2位、高校生の部奨励賞。第27回ピティナピアノコンペティションF級北海道大会本選1位、札幌市長賞受賞。第1回ジュラキシュ国際コンクール2位。第17回フッぺル鳥栖ピアノコンクール入選。Piano Play Off 2017 1位。2013年、ドイツ・ムルハルト国際ピアノアカデミー受講、ガラコンサート出演。2007年橘直貴氏指揮オーケストラHARUKA、2015年日演連オーケストラシリーズにて札幌交響楽団と共演。2017年オーディションに合格してUNFオーケストラと共演。留学中、学内外でソロの他伴奏や室内楽でも多数の演奏会に出演。三岸好太郎美術館ミニリサイタル、奥井理ギャラリーコンサート、花ホールロビーコンサート、札幌新人音楽会出演。2015年キタラ小ホールにてデュオリサイタルを開催するなど、札幌を中心に積極的に演奏活動、伴奏やアンサンブル等を行っている。これまでにピアノを棚瀬美鶴恵、宮澤功行、上野真、砂原悟、Gary Smartの各氏に師事。現在札幌を中心に演奏活動中。

ページの先頭へ戻る

あそびの学校
今月のテーマ "ふしぎな世界をのぞいてみよう! ビー玉の万華鏡つくり"

日程:6月11日(日)
時間:13:00~15:00(完成次第終了です)
場所:1F はまなす広場(無印良品)
受付:
13:00より会場受付を開始させて頂きますが混雑状況により、番号札をお渡ししてお並び頂く場合がございます。
番号札をお持ちのお客さまも、最終受付時間は14:30とさせて頂きます。
また、開催テーマの内容・会場の状況によっては、しばらくお待ち頂いてからの参加となる場合がございます事を予めご了承願います。
人数:先着順60名(4歳~小学校6年生)
保護者さまのご同伴をお願いします。
参加費:無料

あそびの学校 今月のテーマ ふしぎな世界をのぞいてみよう! ビー玉の万華鏡つくり
6月11日(日)の教材・完成イメージです

のぞいた事のある人は多くとも
作った事のある人は少ないのが・・・万華鏡ですね
ビー玉をつかって さぁどんな世界が見えるでしょう?

さまざまな素材に触れて、作ったり・あそんだり
"子どもたちが主役"の楽しい広場が『あそびの学校』です

運営:社団法人 杜の家
後援:札幌市教育委員会
協賛:イオンモール札幌発寒
指導:発寒にこりん子供園

ページの先頭へ戻る

PMF×イオン北海道 Presents
PMFイオンファミリーコンサート

日程:6月11日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
斉藤 祐太(ヴァイオリン)
鈴木 勇人(ヴィオラ)
小野木 遼(チェロ)
演奏曲目:
ドメニコ・ガッロ:トリオ・ソナタ第1番 ト長調
コダーイ:インテルメッツォ 弦楽トリオ 他

PMF×イオン北海道 Presents
PMFイオンファミリーコンサート
斉藤 祐太(ヴァイオリン)

PMF×イオン北海道 Presents
PMFイオンファミリーコンサート
鈴木 勇人(ヴィオラ)

PMF×イオン北海道 Presents
PMFイオンファミリーコンサート
小野木 遼(チェロ)

7月8日(土)から8月1日(火)の約1ケ月間開催する国際教育音楽祭「PMF2017」のプレイベントとして、北海道を中心に活躍するPMF修了生のコンサートを開催します。

斉藤 祐太(ヴァイオリン) さいとう ゆうた
PMF2013修了生
1984年、北海道出身。6歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学を経て、2010年、同大学院大学修士課程を修了。2012年3月、桐朋学園オーケストラ・アカデミー研修課程修了。PMF2013に参加。現在、ソロ、室内楽、オーケストラ等の演奏活動に力を注いでいる。これまでに、ヴァイオリンを村山英孝、福島 紫、加藤知子、藤原浜雄の各氏に師事。室内楽を徳永二男、勝田聰一、岩崎 洸、若林 顕、野島 稔、新実徳英、藤原浜雄の各氏に師事。

鈴木 勇人(ヴィオラ) すずき はやと
東京都出身。四歳よりヴァイオリンを始める。洗足学園音楽大学を首席で卒業後、ヴィオラに転向。同大学院修士課程を修了。第7回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門第1位。室内楽ではプロジェクトQ・第8章、第9章を出演。ヴィオラと室内楽を岡田伸夫氏に師事。札幌交響楽団ヴィオラ奏者。

小野木 遼(チェロ) おのき りょう
PMF2007修了生
1987年北見生まれ。東京芸術大学を経て、同大学院修士課程を修了。PMF2007に参加。第10回ビバホールチェロコンクールにて特別賞(井上賞)受賞。メルボルン国際アジア・パシフィック室内楽コンクール第2位。 Cello Ensemble XTCメンバー。札幌交響楽団チェロ奏者。

ページの先頭へ戻る

ご存じですか? 20日、30日はイオンお客さま感謝デー!

イオンモール札幌発寒では
20日、30日のお客さま感謝デーを実施中です。

ページの先頭へ戻る


モバイルサイト MOBILE SITE

モバイルサイトQRコード

モバイルサイト
簡単アクセス!!

http://www.aeon.jp
/sc/sapporohassamu/