• 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文

ホーム > イベント

イベント 開催予定のイベント情報をご紹介!!

ライトオン×サーティワンアイスクリーム
スペシャルコラボクーポン!
うれしいコラボ!!お買物でもらおう!

期間:5月25日(金)~30日(水)

ライトオン×サーティワンアイスクリームスペシャルコラボクーポン!うれしいコラボ!!お買物でもらおう!

「2F ライトオン」にてお買い上げいただくと、
「サーティワンアイスクリーム」でご利用いただけるクーポンをプレゼント!

「3F サーティワンアイスクリーム」にてお買い上げいただくと、
「ライトオン」でご利用いただけるクーポンをプレゼント!

※当クーポンは1回のご精算につき、1枚のご利用とさせていただきます。
※他のクーポンおよび、特典企画との併用はできません。
※詳細はクーポン券面よりご確認ください。

ページの先頭へ戻る

3(three) JAZZ LIVE

日程:5月26日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
蛇池 雅人(アルトサックス)
折原 寿一(ギター)
南山 雅樹(ピアノ)

3(three) JAZZ LIVE
蛇池 雅人(アルトサックス)

3(three) JAZZ LIVE
折原 寿一(ギター)

3(three) JAZZ LIVE
南山 雅樹(ピアノ)

実力派によるジャズライブをお楽しみください。

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

折原 寿一(ギター) おりはら としかず
北大ジャズ研究会出身、卒業後本格的にプロギタリストとしての活動を開始。有名ミュージシャンの共演やセッションを重ねる(グローバーワシントンJr、チャカ・カーン、他)。以後多数のCD参加、国内外屈指のJazz/Fusionのスーパープレイヤー達と数多くのコラボレーション、その活躍は老舗ジャズ雑誌「Japan Jazz」(スイングジャーナル)「ジャズ批評」等で紹介されている。またギター専門誌「ギターマガジン」(リットーミュージック)、「ヤングギター」(シンコーミュージック)での紙上セミナーやDVDデモ演奏、ヤマハポピュラーミュージックスクールのエレキギター上級コース用テキスト、MIジャパンのマスターコース必修テキストなど、インストラクターとしても精力的に活動。

南山 雅樹(ピアノ) みなみやま まさき
札幌生まれ。声楽を修めた母の影響で4歳からピアノを始める。クラシック音楽以外にも、幅広い興味を持ち、ロック、ジャズ、そしてブラジル音楽などに親しみ、20歳頃から札幌のライヴ・スポットで演奏活動に入る。老舗Day By Dayの専属を2年半つとめ、右手のケガから一時活動中止。再開後は、作・編曲も含めより幅広い活動に入り、北翔大学芸術メディア学科の講師として教育活動にも力を入れている。尊敬するピアニストは、Duke Ellington、Achim Kaufmann。札幌では、Slow Boat、Jamusica、浪漫風、くう、Jerichoなどで演奏活動を展開している。

ページの先頭へ戻る

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE

日程:5月27日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
加藤Billy真弘(トロンボーン)
山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)
板谷 大(ピアノ)
豊田 健(ベース)
熊丸 久徳(パーカッション)

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE
加藤Billy真弘(トロンボーン)

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE
山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE
板谷 大(ピアノ)

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE
豊田 健(ベース)

BACKBONE QUINTET JAZZ LIVE
熊丸 久徳(パーカッション)

全国的に活躍中のプレイヤーと北海道の実力派の共演をお楽しみください。

加藤Billy真弘(トロンボーン) かとう まさひろ
東京都世田谷区生まれ。昭和音楽大学短期大学部でTromboneを学び、東京ディズニーシーのメインバンド、マリタイムバンド在籍。その後、マクドナルドのBig mouthバンドリーダー兼、全てのアレンジを担当、全国ツアーにドナルドと共に参加。特別ドラマ「私は貝になりたい」にバンドマン役として出演。少年サンデーの音楽マンガの全監修を担当。5年前よりイギリスのTromboneブランド、Michael Rathの専属Artistとなり、自己のバンドBack Boneで活動中。Rolling stonesのMichael Davis氏やIncognitoの他、多くの偉大なmusicianと共演を果たす。ハンガリーのリスト音楽院の150周年コンサートにアジア人の代表として出演。

山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル) やまがた まりこ
北海道札幌市出身。幼少よりピアノ、12歳よりトロンボーンを始め、北海道教育大学札幌校では、小学校教育創作分野を研究し卒業。教育分野で働いた後、上京。国立音楽院に通い、作詞作編曲、音楽療法、舞台音楽などを学ぶ。自己リーダーバンド[MARIKO Quartet ]で初アルバム発表(2012年7月)。Voを大野えり氏に師事。現在は、東京と札幌を拠点にライブ活動を展開中。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

豊田 健(ベース) とよだ たけし
1970年、札幌市出身。小・中学にかけてブラスバンドでトロンボーン・サックスを始め、中学2年の頃よりベースを独学で始める。小樽商科大学入学後ジャズ研究会に所属しウッドベースを手にし、故・伝法諭氏に師事。在学中より札幌・小樽で演奏活動を始める。1998年より北海道を代表するピアニストである福居良のグループに加入(~2004年)。現在、札幌を中心に様々なライブやセッションに参加。向井滋春(tb)、中村誠一(ts)などの北海道ツアーにも参加。

熊丸 久徳(パーカッション) くままる ひさのり
カシオペアや浪速エキスプレスに憧れプロミュージシャンを目指し、その後ドラマー神保彰氏の推薦で1989年にヤマハドラムのエンドーサーとなる。スタジオワークとしてこれまでレコーディングやツアーを主とし、代表アーティストにKAN、小泉今日子、大橋純子、BIGIN、鈴木雅之、岡本真夜など多々に参加。現在、ヤマハドラム講師やドラムクリニック、セッションなど全国的に展開中。

ページの先頭へ戻る

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏

日程:6月2日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
北濱 侑樹(フルート)
北濱 彩世利(オーボエ)
福井 遥香(クラリネット)
畑田 咲藍(ホルン)
祐川 嵩雄(ファゴット)

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏
北濱 侑樹(フルート)

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏
北濱 彩世利(オーボエ)

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏
福井 遥香(クラリネット)

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏
畑田 咲藍(ホルン)

札幌管楽ゾリステン 木管五重奏
祐川 嵩雄(ファゴット)

幅広い活動を展開する若手実力派演奏家によるアンサンブルをお楽しみください。

北濱 侑樹(フルート) きたはま ゆうき
北海道教育大学大学院修了。第1回北海道毎日学生コンクールフルート部門入選。第6回仙台フルートコンクール入選。第3回新進演奏家育成プロジェクトオーケストラシリーズにてドップラーの協奏曲を札幌交響楽団と共演。フルートを高橋聖純、阿部博光の両氏に師事。札幌フルート協会、札幌管楽ゾリステン所属。井関楽器フルート講師。現在、札幌を中心にフリー奏者としてマルチに活動している。

北濱 彩世利(オーボエ) きたはま さより
札幌大谷大学芸術学部音楽学科管弦打楽コース演奏クラスを芸術特待生で卒業。同大学の演奏クラスによる音の輪コンサート、卒業演奏会、JRタワーそらのコンサート、kitaraサマーコンサート、札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館ミニリサイタル等出演。2007年ハンガリーシャロスパタクミュージックセミナー修了生。第46回TIAAミュージックコンサート・アンサンブルにて奨励賞受賞。札幌管楽ゾリステンメンバー。札幌音楽家協議会会員。三響楽器オーボエ講師。現在、札幌を中心に道内各地で演奏活動、後進の指導にもあたっている。

福井 遥香(クラリネット) ふくい はるか
北海道教育大学岩見沢芸術課程音楽コース卒業。同大学院修了後、渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院にルーセル奨学生として在籍し、クラリネット科、室内楽科の高等演奏資格を取得し帰国。平成22年度札幌市民芸術祭新人音楽会にて奨励賞受賞。第24回ハイメスコンクール管弦打楽器部門第1位。第87回レオポルド・ベラン国際音楽コンクールクラリネット部門にて名誉賞得て第1位。これまでにクラリネットを渡部大三郎、多賀登、ロナウド・ヴァン・スパンドンク、フローラン・エオーの各氏に師事。室内楽を内田輝、阿部博光、シャンタル・ドゥ・ビュッシーの各氏に師事。現在は札幌を拠点にソロや室内楽、吹奏楽など様々な形態で演奏活動を行っている。島村楽器クラリネット講師。

畑田 咲藍(ホルン) はたけだ さくら
札幌大谷大学音楽学科演奏クラスを特待生として卒業。同大学第7回吹奏楽定期演奏会にてソリストを務める。卒業演奏会、札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館ミニリサイタル、JRタワーそらのコンサート等、在学中より様々な演奏会に出演。元ウィーンフィル管弦楽団首席奏者G.ヘグナー氏、西條貴人氏のマスタークラスを受講。これまでにホルンを島方晴康、橋本敦の両氏に師事。室内楽を倉橋健、玉木亮一、三瓶佳紀の各氏に師事。現在は札幌を中心に演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたっている。札幌音楽家協議会会員。RISE音楽院ホルン講師。

祐川 嵩雄(ファゴット) すけがわ たかお
1998年生まれ。16歳でファゴットを始める。kitara主催『これからの音楽、音楽のいま』にて東京シンフォニエッタと共演。これまでに小山隼平氏、三関健斗氏の作品を世界初演。ドイツ・ヴェルツブルグ音楽大学のデニーゼ・ベンダ氏とヴォルフガング・ニュスライン氏のレッスンを受講。同大学との国際交流コンサートや、札幌にてサックスとのデュオリサイタル、学内ソロ選抜演奏会などに出演。その他札幌を中心に道内各地で演奏会に出演。札幌管楽ゾリステン準メンバー。現在、北海道教育大学岩見沢校在学中。ファゴットを坂口聡氏に室内楽を阿部博光氏に師事。

ページの先頭へ戻る

エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE

日程:6月3日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
エビナマスジ(ボーカル、ギター)
大山 小夜子(ピアノ)
古舘 賢治(ギター、ボーカル)

エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE
エビナマスジ(ボーカル、ギター)

エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE
大山 小夜子(ピアノ)

エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE
古舘 賢治(ギター、ボーカル)

精力的な活動を展開する実力派メンバーの共演をお楽しみください。

エビナマスジ(ボーカル、ギター)
シンガーソングライター。稚内市出身。稚内観光大使。2001年に結成した兄弟ユニット『SE-NO』として、セイコーマートやSKタクシーのCMに楽曲が起用。コンサートホールKitaraや札幌教育文化会館でのワンマンコンサートを開催。エフエムおたる・FMわっぴ~にて『SE-NO room』『SE-NO home』の番組パーソナリティを勤め、STVラジオ『SE-NOのアタックヤング!』のパーソナリティに選ばれた。2016年にNHKほっとニュース北海道のエンディング曲として『SOYA PARTY』が起用され多くの人の耳に音楽が届く。SE-NOとしての活動と並行して、2014年からはそれぞれにソロ活動に力を入れ始め、ソロ名義・エビナマスジとして、2015年には中西圭三氏をコーラスに迎えたファーストアルバム「UPSTAIRS」を発表。様々なライブイベントへの出演やリリースツアーなどを行ってきた。2017年11月26日には3枚目の音源となるミニアルバム「FLOW」をリリース。収録曲『ビタミン』がAIRDOの機内オーディオ放送に起用された他、FMラジオ各局のパワープレイにも選出され、注目を集めている。
エビナマスジ オフィシャルサイトwww.ebina-masuji.com

大山 小夜子(ピアノ、ゴスペルディレクター、アレンジャー) おおやま さよこ
両親の影響で幼少時からオルガン・ピアノを始め、アメリカ留学時には教会で演奏する傍ら数々の賞を獲得。帰国後様々な音楽活動を行うが、1998年キーボーディストとして参加したゴスペルワークショップでブラックゴスペルに触れ、これこそライフワークと確信。ブラックゴスペルを主軸とした活動を開始する。本格的なゴスペルピアノを弾きながら、テンポよく的確に歌を指導するスタイルが評価され、国内はもとよりアメリカ、スペイン、フィンランドからも招かれて指導・演奏・レコーディングを行ってきた。現在、札幌を拠点に6つのゴスペルクワイアを定期的に指導する他、ピアニスト、アレンジャーとして多くのアーティストをサポートしている。また、東京在住のゴスペルシンガー遠谷政史とのゴスペルデュオ『PAUSA(パウザ)』としても活動し、これまでに「Unconditional Love」「Open Your Door」の2枚のCDをリリース、日本各地でライブを行っている。

古舘 賢治(ギター、ボーカル) ふるたて けんじ
1980年札幌市生まれ。高校時代、矢野顕子さんに衝撃を受け音楽にのめりこむ。大学進学後、軽音楽部に入部。ジャズを山崎英夫氏に師事。現在札幌を中心に、全国で幅広くライブ/コンサート/レコーディングを行っている。2006年6月ソロでのsingleCD「up the wind」を発表。2006年、フジテレビ昼ドラ「紅の紋章」劇中曲にギターで参加。2004年~2008年5月までJR-towerホテル日航札幌35F「sky-j」にて演奏。2009年8月、日本作編曲家教会(JCAA)主催の「シネマトラック」コンサートにアコースティックギターで出演。2010年11月~2015年10月、寺嶋民哉音楽監督のもと「スクリーンミュージックの宴」にギターで参加。2013年1月、初のオリジナルアルバム「すきとおったほんとうのたべもの」発表。2015年3月、First Call Recordingsよりタワーレコード/Amazon等で、アルバム全国流通開始。

ページの先頭へ戻る

We are musical lovers ! コンサート

日程:6月9日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
安達 彩子(ソプラノ)
小貫 多喜子(ソプラノ)
佐藤 栄里子(ピアノ)

We are musical lovers ! コンサート
安達 彩子(ソプラノ)

We are musical lovers ! コンサート
小貫 多喜子(ソプラノ)

We are musical lovers ! コンサート
佐藤 栄里子(ピアノ)

ミュージカルナンバーの女性デュエットをメインとしたプログラムでお送りします。お楽しみください。

〈プログラム(予定)〉
(1)『踊り明かそう』(マイ・フェア・レディ)
作詞:アラン・ジェイ・ラーナー
作曲:フレデリック・ロウ
日本語詞:吉田孝古麿

(2)ディズニー映画より
『美女と野獣』(美女と野獣)
作詞:ハーワード・アシュマン
作曲:アラン・メンケン
日本語詞:湯川れい子

(3)『生まれて初めて』(アナと雪の女王)
作詞作曲:クリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペス
日本語詞:高橋知伽江
『パート・オブ・ユア・ワールド』(リトルマーメイド)
作詞:ハーワード・アシュマン
作曲:アラン・メンケン
日本語詞:松澤薫、近衛秀健

(4)『メモリー』(キャッツ)
作詞:トレバー・ナン
作曲:アンドリュー・ロイドウェバー
日本語詞:浅利慶太

(5)『憎しみ』(ロミオ&ジュリエット)
作詞・作曲:ジェラール・プレスギュルヴィック
日本語詞:小池修一郎

(6)サウンド・オブ・ミュージックメドレー
『サウンド・オブ・ミュージック~私のお気に入り~ひとりぼっちの羊飼い~すべての山に登れ』
作詞:オスカー・ハマースタインII
作曲:リチャード・ロジャース
日本語詞:
原 梨香(サウンド・オブ・ミュージック)
竹中 三佳(私のお気に入り)
あらかわひろし(ひとりぼっちの羊飼い)

(7)「夢やぶれて × オン・マイ・オウン」(レ・ミゼラブル)
作詞:ハーバード・クレッツマー
作曲:クロード・ミシェル・シェーンベルク

安達 彩子(ソプラノ) あだち さいこ
札幌出身。藤女子高校卒業後、1998年宝塚音楽学校に入学。2000年芸名・姿樹えり緒として宝塚歌劇団入団、月組配属。オリジナル作品・海外ミュージカル等、多数出演。中でも特に芝居に定評がある。2008年ミュージカル「ME & MY GIRL」で退団。退団後、一級着付技能士・着装講師・和装スタイリスト・ヘアメイクアーティスト・アロマテラピーアドバイザー・アクセサリー作家として活動。第11回全国着付士技能コンクール留袖の部準優勝、第12回振袖の部第4位と、異色の経歴を持つ。2014年札幌に拠点を戻しフリーで活動開始。オペラ公演・コンサート・撮影等から一般依頼までヘアメイク・和装着付多数担当。同年、舞台活動再開。さっぽろオペラ祭「ママと子どものはじめての音楽会」に出演。2015年札幌オペラシンガーズに参加、以降メンバーとして「ママと子どものはじめての音楽会」や訪問コンサート、イオンモール札幌発寒店ミニコンサート、北星学園大学チャペルコンサート等に出演。オペラシンガーズヘアメイク担当。MCやアナウンスもこなす。2016年第199回北海道立三岸好太郎美術館ミニリサイタルに出演。同年、ピアニスト日小田直美と共に「Fusion of Music」立ち上げ、2017年1月コンサート「Fusion of Music」開催。同年7月道立三岸好太郎美術館コンサート出演。宝塚歌劇団撮影和装スタイリスト。

小貫 多喜子(ソプラノ) おぬき たきこ
1991年武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学卒業演奏会出演。1993年同大学大学院音楽研究所声楽専攻修了。在学中、大学オペラ本公演モーツァルト『ドン・ジョバンニ』ツェルニーナ役でオペラデビュー。在学中より東京・北海道を中心に演奏活動の他、市民合唱団ヴォイストレーナー、個人指導を行う。『星野富弘の詩の世界』『ソプラノリサイタル~伊藤康英の世界~』Kitaraオペラ『フィガロの結婚』ケルビーノ役『コジ・ファン・トゥッテ』デスピーナ役等、各種アンサンブル、ソロコンサート等多数出演。第8回中田喜直記念コンクール入賞。札幌オペラシンガーズメンバー。

佐藤 栄里子(ピアノ) さとう えりこ
1992年札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業。1993年同専攻科、1994年研究科修了。1994年より札幌オペラスタジオにて音楽スタッフとして研鑽を積む。2000年に牧野正人氏(藤原歌劇団)、2001年小樽潮陵記念館コンサート テノール独唱の夕べ 中鉢聡(藤原歌劇団)の伴奏を務める。北海道二期会オペラ公演「カルメル会修道女の対話」で練習ピアニストとして参加。2002年札幌市芸術文化活動振興助成金を戴きニース夏季国際アカデミーに参加。歌曲伴奏法をF.ぺヌティエ、D.ボールドウィン各氏に師事。ニース近現代美術館にてアカデミー生によるミニコンサートに出演。ディプロマを修得。2003年夕張市市政施行60周年記念「札響と市民で歌う"第九"コンサート」の練習ピアニストを務める。これまでにピアノを伊藤巌、斎藤まき子各氏に師事。現在ヤマハミュージック札幌ピアノ講師、谷の音会、北海道国際音楽交流会(HIMES)各会員、札幌オペラシンガーズ所属。

ページの先頭へ戻る

あそびの学校
いっしょにつくろう! いっしょにあそぼう!

日程:6月10日(日)
時間:13:00~15:00(完成次第終了です)
場所:1F はまなす広場
受付:13:00より会場受付を開始させて頂きますが混雑状況により、番号札をお渡ししてお並び頂く場合がございます。
※番号札をお持ちのお客さまも、最終受付時間は14:30とさせて頂きます。
※また、開催テーマの内容・会場の状況によっては、しばらくお待ち頂いてからの参加となる場合がございます事を予めご了承願います。
人数:先着順60名(4歳~小学校6年生)
※保護者さまのご同伴をお願いします
参加費:無料

あそびの学校いっしょにつくろう! いっしょにあそぼう!
(6月10日(日)の教材・完成イメージです)

さまざまな素材に触れて、作ったり・あそんだり
"子供たちが主役"の楽しい広場が『あそびの学校』です

【今月のテーマ】
光を透かす3面アート

型ぬきの段ボールと透明フィルムでつくります。
完成後は描いた3枚の絵をスライドさせて景色の変化を楽しみましょう。
さぁ、どんなストーリーが生まれるでしょう。

運営:社団法人 杜の家
後援:札幌市教育委員会
協賛:イオンモール札幌発寒
指導:発寒にこりん子供園

ページの先頭へ戻る

野沢香苗 二胡コンサート

日程:6月10日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
野沢 香苗(二胡)
古舘 賢治(ギター)
大山 賢司(パーカッション)

野沢香苗 二胡コンサート
野沢 香苗(二胡)

野沢香苗 二胡コンサート
古舘 賢治(ギター)

野沢香苗 二胡コンサート
大山 賢司(パーカッション)

幅広い活動を展開する二胡奏者と実力派サポートメンバーの共演をお楽しみください。

野沢 香苗(二胡) のざわ かなえ
女優として出演した舞台で「二胡」と出会い、魅せられ、以来二胡奏者として活動を続ける。中国の民族楽器としての二胡にとらわれず、様々なジャンルの音楽に取り組み、その独特の艶やかな音色は聴く人の心を魅了している。2007年1月、日本人二胡奏者として初のメジャーデビュー。歌っているかのようだと評される演奏はもちろん、オリジナリティ溢れる作曲能力と魅せるステージングで幅広い世代から支持を得ている。またアルバムにも収録されているように、歌唱でもその存在感を表している。2009年1月には台湾で2010年には上海でライブを行うなど精力的に活動中。また2009年からは文化放送でラジオパーソナリティーも務め人気を博した。2017年6月に6枚目のオリジナルコンセプトアルバム「BRAVE」を発売。その独自の世界観は国内外問わず注目を集めている。

古舘 賢治(ギター) ふるたて けんじ
1980年札幌市生まれ。高校時代、矢野顕子さんに衝撃を受け音楽にのめりこむ。大学進学後、軽音楽部に入部。ジャズを山崎英夫氏に師事。現在札幌を中心に、全国で幅広くライブ/コンサート/レコーディングを行っている。2006年6月、ソロでのsingleCD「up the wind」を発表。2006年、フジテレビ昼ドラ「紅の紋章」劇中曲にギターで参加。2004年~2008年5月までJR-towerホテル日航札幌35F「sky-j」にて演奏。2009年8月、日本作編曲家教会(JCAA)主催の「シネマトラック」コンサートにアコースティックギターで出演。2010年11月~2015年10月、寺嶋民哉音楽監督のもと「スクリーンミュージックの宴」にギターで参加。2013年1月、初のオリジナルアルバム「すきとおったほんとうのたべもの」発表。2015年3月、First Call Recordingsよりタワーレコード/Amazon等で、アルバム全国流通開始。

大山 賢司(パーカッション) おおやま けんじ
2002年、フランス芸術祭に単身出演。2003年、docomo、マクドナルドのCM音楽に参加(canopus R.F.M使用)。2004年~2013年、シンガーソングライター桜庭和(さくらばひとし)サポートドラムとして参加。2009年、作曲家によるJCAAアレンジャーズサミットに参加。寺嶋民哉(ゲド戦記・半落ち)・山下康介(花より団子)・南林弥宏。2009~2015年、スクリーンミュージックの宴と題して映画音楽をオーケストラと共にコンサートを行う。2012年6月、ZONEのツアーサポートとして参加。同時にCD制作にも参加。2012年、CANOPUSとエンドーサー契約。2014年、ブラジル音楽をルーツに構成されたバンドcopabonitosで全国CDリリース。現在は北海道札幌を拠点とし、全国で活動中。

ページの先頭へ戻る

Like Together LIVE

日程:6月16日(土)
時間:(1)16:00~ (2)18:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
玉村 優香(ボーカル)
阿部 ヒロカズ(トランペット、ボーカル)
滝川 裕三(バンジョー、ギター)
板谷 大(ピアノ)
豊田 健(ベース)

Like Together LIVE
玉村 優香(ボーカル)

Like Together LIVE
阿部 ヒロカズ(トランペット、ボーカル)

Like Together LIVE
滝川 裕三(バンジョー、ギター)

Like Together LIVE
板谷 大(ピアノ)

Like Together LIVE
豊田 健(ベース)

ボーカル玉村優香を中心とした実力派メンバーによる演奏をお楽しみください。

玉村 優香(ボーカル) たまむら ゆうか
札幌出身。19歳で語学と音楽の勉強のためにオーストラリアへ留学。シドニーにて恩師となるジャズシンガーに出会い、歌う楽しさに触れジャズが好きになる。以降、カナダやアメリカ、ニュージーランドへも足を運び、現地の優れたミュージシャンとの交流も深く、精力的にレッスンやライヴを経験。帰国後は、札幌にて講師活動や自身のライヴ活動、歌詞講座を開催等での活動している。

阿部 ヒロカズ(トランペット、ボーカル) あべ ひろかず
札幌出身。中学校でトランペットと出会い、高校時代に演劇「上海バンスキング」で俳優笹野高史氏に憧れジャズプレイヤーを目指す。大学在学中より歌手のバックバンドなどのプロ活動を始める。現在は、自己のグループやジョニー黒田&ディキシープリンスで精力的にトラディショナルジャズを追求。ニューオーリンズやニューヨークにて現地ミュージシャンと交流し経験を深める。ほかにもSapporo Jazz Ambitious等ビッグバンドへの参加やスクールバンドへのゲスト出演など様々なシーンで活動。北海道を代表するトラッドジャズトランペッター。

滝川 裕三(バンジョー、ギター) たきがわ ゆうぞう
小樽市生まれ。2001年から札幌のライブハウスを中心に演奏活動を始める。ケニーバレルやジョーパス等の正統派ジャズギタースタイルで暖かい音色とよく歌うフレーズ、何よりスイングすることを持ち味とする。ブルース、ラテン、ボサノバ、ジプシースイングなど守備範囲は広い。ジョニー黒田&デキシープリンスでは珍しいテナーバンジョーを担当している。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

豊田 健(ベース) とよだ たけし
1970年、札幌市出身。小・中学にかけてブラスバンドでトロンボーン・サックスを始め、中学2年の頃よりベースを独学で始める。小樽商科大学入学後ジャズ研究会に所属しウッドベースを手にし、故・伝法諭氏に師事。在学中より札幌・小樽で演奏活動を始める。1998年より北海道を代表するピアニストである福居良のグループに加入(~2004年)。現在、札幌を中心に様々なライブやセッションに参加。向井滋春(tb)、中村誠一(ts)などの北海道ツアーにも参加。

ページの先頭へ戻る

PMF×イオン北海道 Presents
PMFイオンファミリーコンサート

日程:6月17日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
藤井 美奈子(ヴァイオリン)
石川 千尋(ヴァイオリン)
濵本 実加(ヴィオラ)
鈴木 友美(チェロ)

PMF×イオン北海道 PresentsPMFイオンファミリーコンサート
藤井 美奈子(ヴァイオリン)

PMF×イオン北海道 PresentsPMFイオンファミリーコンサート
石川 千尋(ヴァイオリン)

PMF×イオン北海道 PresentsPMFイオンファミリーコンサート
濵本 実加(ヴィオラ)

PMF×イオン北海道 PresentsPMFイオンファミリーコンサート
鈴木 友美(チェロ)

【演奏曲目】
モーツァルト:ディベルティメントK. 136より第1楽章
プッチーニ:「トゥーランドット」より"誰も寝てはならぬ"
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」より第4楽章
ほか

7月7日(土)から8月1日(水)の約1ケ月間開催する国際教育音楽祭「PMF2018」のプレイベントとして、国内各地で活躍するPMF修了生のコンサートを開催します。

藤井 美奈子(ヴァイオリン) ふじい みなこ
PMF2007, 2008修了生
7歳よりヴァイオリンを始める。北海道教育大学札幌校芸術文化課程卒業。これまでに、土方恭之、内田輝、澤和樹、水野佐知香、市川ヴィンチェンツォ、小森谷巧、佐藤一紀の各氏に師事。在学中、同大学定期演奏会にソリストとして出演。日演連推薦新人演奏会にて、ソリストとして札幌交響楽団と共演。札幌市民芸術祭新人音楽会にて大賞受賞。また、PMF(2007年、2008年)のオーケストラアカデミーを始め、リスト音楽院セミナー、霧島国際音楽祭等に参加。2013年、札幌コンサートホールKitara小ホールにてリサイタルを開催。兵庫芸術文化センター管弦楽団コアメンバー、京都市交響楽団契約団員を経て現在、大阪交響楽団第二ヴァイオリン副首席奏者、The Symphony Hall Chamber Ensembleメンバー。

石川 千尋(ヴァイオリン) いしかわ ちひろ
PMF2013修了生
滋賀県出身。滋賀県立石山高等学校音楽科、相愛大学卒業。京都国際音楽学生フェスティバル2013、PMF2013、Phoenix OSAQA2015に参加。これまでにヴァイオリンを山川玲子、池川章子、小栗まち絵、岸邉百百雄、ヴィオラを竹内晴夫各氏師事。2013年9月より兵庫芸術文化センター管弦楽団(佐渡裕音楽監督)コアメンバー、アソシエイトプレイヤーを務めた。現在は関西を中心にオーケストラ、室内楽、ソロの演奏活動を行なっている。

濵本 実加(ヴィオラ) はまもと みか
PMF2013修了生
大阪府泉佐野市出身。同志社女子大学学芸学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。卒業後上京し、ヴィオラに転向。ヴィオラを須田祥子氏に師事。2012年、第1回秋吉台音楽コンクール弦楽部門入選。第15回長江杯国際音楽コンクール弦楽器部門第2位。第27回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール奨励賞受賞。2013年、PMFオーディションに合格し、PMFオーケストラに参加。2016年8月より新日本フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ奏者。

鈴木 友美(チェロ) すずき ともみ
PMF2013修了生
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。在学中は、第1回学内ソロ選抜演奏会、第3回卒業演奏会の出演者として選ばれる。また、第2回定期演奏会にてソリストを務める。これまでに、上原与四郎、フリーデリケ・キーンレの両氏に師事。その他、リスト音楽院セミナーにて、ミクローシュ・ペレーニのレッスンを受講。2013年にPMFにオーケストラメンバーとして参加。道内、道外で幅広く演奏活動を行っている。

ページの先頭へ戻る


モバイルサイト MOBILE SITE

モバイルサイトQRコード

モバイルサイト
簡単アクセス!!

http://www.aeon.jp
/sc/sapporohassamu/