山縣真梨子クインテット JAZZ LIVE

山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)

酒本 廣継(トロンボーン)

板谷 大(ピアノ)

長沼 発(ギター)

柳 真也(ベース)

日程:6月2日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル)
酒本 廣継(トロンボーン)
板谷 大(ピアノ)
長沼 発(ギター)
柳 真也(ベース)

実力派の共演をお楽しみください。

山縣 真梨子(トロンボーン/ボーカル) やまがた まりこ
北海道札幌市出身。幼少よりピアノ、12歳よりトロンボーンを始め、北海道教育大学札幌校では、小学校教育創作分野を研究し卒業。教育分野で働いた後、上京。国立音楽院に通い、作詞作編曲、音楽療法、舞台音楽などを学ぶ。自己リーダーバンド[MARIKO Quartet ]で初アルバム発表(2012年7月)。Voを大野えり氏に師事。現在は、東京と札幌を拠点にライブ活動を展開中。

酒本 廣継(トロンボーン) さけもと ひろつぐ
1977年、北海道門別町生まれ。苫小牧の高校からジャズビッグバンドに入り、トロンボーンを始める。この時グレンミラー楽団を聞きジャズに興味を持つ。北海道工業大学に進学しビッグバンドサークル「Sunny Fields Jazz Orc.」に所属し、札幌でのライブ活動を始める。卒業後3年間営業職に勤務したものの音楽への熱意が大きくなり、プロプレイヤーになることを決意。2002年、プロ活動を開始。札幌でのライブにて道外からのミュージシャンとの交流ができ、タイガー大越、村田浩、小濱安浩、ジェイ・トーマス氏など様々な一流プレイヤーと共演する。その後道外でのツアーライブ活動を始め、名古屋では小濱安浩が率いる「C.U.G.Jazz Orchestra」に参加。東京では札幌唯一のディキシーランドジャズバンド「ジョニー黒田とディキシープリンス」で新宿トラッドジャズフェスティバルに参加。いずれも好評を得る。また、自分の得た経験や知識を他の人にも活かしてほしいという願いから、小中学生を対象にした「北海道ジュニアジャズワークショップ(H.J.J.W.)」を設立。札幌のジャズシーンを盛り上げているプレイヤーの一人である。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

長沼 発(ギター) ながぬま たつる
1985年生まれ。高校卒業後に渡英し、Leeds College of Musicに進学。在学中に精力的な活動を行い、2007年にはイギリス国内の音大の選抜メンバーで構成されるCUK Big Bandのギタリストに選出される。また同年、学内で最も優秀なギタリストに贈られる"Eric Kershaw Prize for Plectrum Guitar"を受賞。卒業後の現在、札幌および道内での演奏活動に加え、札幌市内各所のスクールにてジャズギターやアコースティックギターの講師も務めている。アーチトップギターの最大の魅力であるアコースティックな音色による表現にこだわり、伝統的なスタンダードやジャズオリジナルなど、ストレートアヘッドなスタイルの演奏に軸足を置いて活動している。

柳 真也(ベース) やなぎ まさや
1974年生まれ。17歳のときジャズメッセンジャーズを聴きジャズに興味を持つ。20歳でエレキベースをはじめ23歳でウッドベースに転向、ジャズに傾倒する。2000年頃より名古屋でプロ活動をはじめ、2004年に北海道へ移住。札幌を中心にジャズベーシストとして活躍している。堅実かつ柔軟なプレイに定評がある。

日程 6月2日(日)
時間 (1)13:00~ (2)15:00~
場所 1F すずらん広場