• 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文

ホーム > イベント

イベント 開催予定のイベント情報をご紹介!!

名古屋・東海地区の魅力を発信!「名古屋東海フェア」開催

日程:6月23日(土)・24日(日)
場所:1F 中央エスカレーター前広場(両日)・1F すずらん広場(24日(日)のみ)

名古屋・東海地区の魅力を発信!「名古屋東海フェア」開催

6月23日(土)・24日(日)の2日間、1F「中央エスカレーター前広場(両日)」と「すずらん広場(24日(日)のみ)」にて「名古屋東海フェア」観光イベントを開催します。名古屋おもてなし武将隊やご当地キャラが大集合!札幌⇔名古屋往復航空券が当たる抽選会も実施します。(24日(日)のみ)
この2日間は名古屋・東海地区の"旬の観光情報"と"どえりゃ~美味しい名産品"を堪能しにお越しください!

©2009 Nagoya Omotenashi Busho-Tai Secretariat

ページの先頭へ戻る

河野祐亮 × 座小田諒一(from 河野祐亮ピアノトリオ)
ニューアルバム『Be with us』発売記念ライブ

日程:6月23日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
河野 祐亮(ピアノ)
座小田 諒一(ウッドベース)

河野祐亮 × 座小田諒一(from 河野祐亮ピアノトリオ) ニューアルバム『Be with us』発売記念ライブ
河野 祐亮(ピアノ)

河野祐亮 × 座小田諒一(from 河野祐亮ピアノトリオ) ニューアルバム『Be with us』発売記念ライブ
座小田 諒一(ウッドベース)

全国的に活躍中の河野祐亮ピアノトリオよりピアノ・ウッドベースのデュオによる演奏をお楽しみください。

河野祐亮ピアノトリオ
GospelやHiphopのサウンドが香る"NY JAZZ"スタイルのピアノトリオバンド。リーダーの河野祐亮は2011年にNYへ渡り、名門The New School Jazz And Contemporary Musicにスカラシップ合格し入学する。2014年秋に帰国し『河野祐亮ピアノトリオ』を結成。2015年にSAPPORO CITY JAZZのコンペティションでグランプリを獲得。名実ともに日本一のジャズバンドに輝く。2016年7月から初の海外ツアーであるヨーロッパツアーを行い、世界三大ジャズフェスティバルの1つ『ウィーンジャズフェスティバル』(オーストリア)、ヨーロッパを代表するクラブ『ロニースコッツ』(イギリス)へ出演し喝采を浴びた。そして2017年にはメンバー3人で渡米し、本場NYのジャズシーンでいま大活躍するサックスプレイヤーWalter Smith IIIと、ビブラフォニストWarren Wolfをゲストミュージシャンに迎えブルックリンの「The Bunker」スタジオでレコーディングを行う。一流のプレイと河野のオリジナル楽曲の魅力が合わさった、珠玉のニューアルバム『Be with us』が8月30日(木)に発売。また、このアルバムのためにクラウドファンディングを企画。目標金額であった100万円をわずか2週間で達成し、まさにファンと力を合わせて完成させた1枚である。

ページの先頭へ戻る

PALLET(パレット) アンサンブルコンサート

日程:6月30日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
森 愛雅(フルート)
高畑 友香(クラリネット)
伊藤 香織(ヴァイオリン)
菊地 由貴(マリンバ&パーカッション)
樋口 千夏(ピアノ)

PALLET(パレット) アンサンブルコンサート
PALLET(パレット)

北海道を中心に精力的な活動を展開するアンサンブルグループの演奏をお楽しみください。

PALLET(パレット)
札幌を拠点にするフルート・クラリネット・ヴァイオリン・マリンバ・パーカッション・ピアノによるアンサンブルグループ。2011年6月札幌大谷大学音楽学部(現・芸術学部音楽学科)卒業のメンバーで結成。グループ名の「PALLET」は、絵画を描く時に使う「パレット」に由来しています。管楽器・弦楽器・打楽器・鍵盤楽器など・・・様々な音色が溶け合い、自分達ならではの新しい音色を奏でたい・・・そんな思いが込められています。自主公演PALLET~canvas~シリーズをはじめ、幼稚園・保育園・小中高等学校・福祉施設などの各施設でのコンサート活動や結婚披露宴・法要・企業やホテルのイベント出演など、PALLETならではの音楽を伝えるため、北海道各地で演奏を行っています。これまでに札幌市民ロビーコンサート、札幌市消防音楽隊119ニューイヤーコンサート2017、三岸好太郎美術館第200回ミニ・リサイタル等に出演。演奏依頼・お問合せhttp://pallet-music.com/


森 愛雅(フルート) もり あやか
札幌大谷大学音楽学部音楽学科フルート演奏コース卒業。卒業演奏会、定期演奏会、三岸好太郎美術館ミニリサイタル等に出演。第17回日本クラシック音楽コンクール 大学の部フルート部門第5位入賞。第4回横浜国際音楽コンクール一般の部管楽器部門入選。第16回ブルクハルト国際音楽コンクール室内楽部門第5位入賞。第4回Kアンリミテッド管楽器コンクール奨励賞受賞。阿部博光、柿山里奈の各氏に師事。

高畑 友香(クラリネット) たかはた ともか
札幌大谷大学音楽学部音楽学科管弦打楽コース卒業。同大学定期演奏会、卒業演奏会に出演。第20回日本クラシック音楽コンクール本選にて好演賞受賞。第23回蔵王クラリネットサマーキャンプに参加。札幌を中心に演奏活動を行う。これまでにクラリネットを高鹿昶宏、多賀登、日比野裕幸、菊地秀夫の各師に師事。バスクラリネットを井上幸子、室内楽をクレブ・ニキティン、菊地秀夫の各氏に師事。

伊藤 香織(ヴァイオリン) いとう かおり
札幌大谷大学音楽学部音楽学科管弦打楽コース・同研究科卒業。定期演奏会にてコンサートマスターを努める。ヴァイオリンを藤沢博子、及川博史、河邊俊和に、室内楽をグレブ・ニキティン、藤澤光雄、廣狩亮の各氏に師事。三岸好太郎美術館トゥインクルコンサートに出演。現在、札幌カルチャーセンター平岡ヴァイオリン講師。

菊地 由貴(マリンバ&パーカッション) きくち ゆき
札幌大谷短期大学音楽科器楽コース打楽器専攻・札幌大谷大学音楽学部音楽学科音楽指導コース卒業。平成23年度札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館トゥインクルコンサート、木村雅信氏作品演奏会等に出演。打楽器・マリンバを大垣内英伸、笠井尚貴、武藤厚志、水谷明子の各氏に師事。北海道打楽器協会会員。

樋口 千夏(ピアノ) ひぐち ちなつ
札幌大谷大学音楽学部音楽科ピアノコース卒業。卒業演奏会、ベルソノリティコンサート、波の音会コンサート、エルム楽器講師コンサート等に出演。ピアノを大門敬明、室内楽を阿部佳子の各氏に師事。谷の音会、波の音会、モーツァルトアーベント各会員。現在エルム楽器ピアノ講師。

ページの先頭へ戻る

Trio de Bigband +α JAZZ LIVE

日程:7月1日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
山縣 真梨子(トロンボーン)
蛇池 雅人(アルトサックス)
板谷 大(ピアノ)
吉田 つぶら(タップダンス)

Trio de Bigband +α JAZZ LIVE
山縣 真梨子(トロンボーン)

Trio de Bigband +α JAZZ LIVE
蛇池 雅人(アルトサックス)

Trio de Bigband +α JAZZ LIVE
板谷 大(ピアノ)

Trio de Bigband +α JAZZ LIVE
吉田 つぶら(タップダンス)

ビッグバンドで演奏されるスタンダードジャズをトリオの編成+タップダンスで演奏します。

山縣 真梨子(トロンボーン) やまがた まりこ
北海道札幌市出身。幼少よりピアノ、12歳よりトロンボーンを始め、北海道教育大学札幌校では、小学校教育創作分野を研究し卒業。教育分野で働いた後、上京。国立音楽院に通い、作詞作編曲、音楽療法、舞台音楽などを学ぶ。自己リーダーバンド[MARIKO Quartet ]で初アルバム発表(2012年7月)。Voを大野えり氏に師事。現在は、東京と札幌を拠点にライブ活動を展開中。

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

吉田 つぶら(タップダンス) よしだ つぶら
1985年12月7日札幌生まれ。10歳からJAZZダンスを学ぶ。高校の時酒井芳乃氏の出会いにより、本格的にダンスを始める。立命館アジア太平洋大学に在学中、休学し1年間 NYへ渡米。ダンスをhouseダンスを中心にオールジャンル学ぶ。この時タップを始める。渡米中、チーム「歌舞姫」(hiphop&house)でダンスコンペティションで優勝。帰国後、タップを本格的に始める。東京でSUJI氏、NYで Michelle Dorrance氏に師事。5年間九州、東京、NYを渡ったのち、2008年9月より札幌で活動を始める。札幌での活動はタップという文化を札幌に広げるための活動を精力的に行う。Jazz bar、レストラン、ギャラリーなどのミュージックライブだけにとどまらず、東京を拠点に活動する様々なタップダンサーを札幌に呼び、自主公演ライブを行う。2009年日本タップダンス奨学生制度のオーディションに合格し、ロサンゼルスタップフェスティバルに参加する。

ページの先頭へ戻る

上西美帆カルテット JAZZ LIVE

日程:7月7日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
上西 美帆(ボーカル)
酒本廣継(トロンボーン)
谷川 拓真(ピアノ)
北垣 響(ベース)

上西美帆カルテット JAZZ LIVE
上西 美帆(ボーカル)

上西美帆カルテット JAZZ LIVE
酒本廣継(トロンボーン)

上西美帆カルテット JAZZ LIVE
谷川 拓真(ピアノ)

上西美帆カルテット JAZZ LIVE
北垣 響(ベース)

現在関東を中心に活躍中のボーカリストと北海道の実力派の共演をお楽しみください。

上西 美帆(ボーカル) じょうにし みほ
北海道出身。学生時代より医療の道を志していたが、海外滞在中初めてJazzに触れ、その即興性に大きく刺激を受けて、帰国後、札幌市内のSessionへの参加をきっかけにJazzへ傾倒し本格的に音楽への道を志す。自身のBandで半年間活動後、NewYorkへ単身渡米し、現地でJAZZプログラムを受講。各レッスンやバリー・ハリスWorkshopなどへも参加し、経験を積む。2011年~2012年には再渡米し、バークリー音楽大学のLisaThorson、Bob Stoloff、コロンビア大学 Christine Correaに師事。その後奨学金を取得し、シーラ・ジョーダン主宰Jazzプログラムを経て、帰国後、東京へ拠点を移しJazzライヴハウスやJazzBar、イベント等、活動を精力的に展開中。2015年には自身初の作品となるミニアルバム「Night Walk」を発表。そして今春、アルバム「September in the Rain」を発表。
<ウェブサイト>http://www.mihojonishi.com
<ブログ>http://jonishimiho.blog105.fc2.com

酒本廣継(トロンボーン) さけもと ひろつぐ
1977年、北海道門別町生まれ。苫小牧の高校からジャズビッグバンドに入り、トロンボーンを始める。この時グレンミラー楽団を聞きジャズに興味を持つ。北海道工業大学に進学しビッグバンドサークル「Sunny Fields Jazz Orc.」に所属し、札幌でのライブ活動を始める。卒業後3年間営業職に勤務したものの音楽への熱意が大きくなり、プロプレイヤーになることを決意。2002年、プロ活動を開始。札幌でのライブにて道外からのミュージシャンとの交流ができ、タイガー大越、村田浩、小濱安浩、ジェイ・トーマス氏など様々な一流プレイヤーと共演する。その後道外でのツアーライブ活動を始め、名古屋では小濱安浩が率いる「C.U.G.Jazz Orchestra」に参加。東京では札幌唯一のディキシーランドジャズバンド「ジョニー黒田とディキシープリンス」で新宿トラッドジャズフェスティバルに参加。いずれも好評を得る。また、自分の得た経験や知識を他の人にも活かしてほしいという願いから、小中学生を対象にした「北海道ジュニアジャズワークショップ(H.J.J.W.)」を設立。札幌のジャズシーンを盛り上げているプレイヤーの一人である。

谷川 拓真(ピアノ) たにかわ たくま
北海道札幌市出身、現在20歳。9歳の頃から独学でピアノを始め、その後ライブ活動やオリジナル曲を作曲する傍ら、ジャズの勉強も始める。2011年にはサッポロシティジャズ パークジャズライブコンテストファイナリストにも選出される。現在は、ジャズピアニストとしてプロのジャズミュージシャンと共演を重ねてジャズの勉強をすると共に、幅広く音楽に触れながらボーカルへの挑戦も開始し、オリジナル楽曲を歌う活動を精力的に展開している。

北垣 響(ベース) きたがき きょう
1980年京都生まれ。大学入学と共にコントラバスに出会い、在学中よりさまざまなプレイヤーと競演を重ね、2006年よりプロとして活動し始める。現在札幌を中心に、板谷大DNGトリオ、福川ゆみ、石田幹雄とのユニット、南山雅樹バンド、山田敏昭トリオ、他様々なバンド、ツアー、セッションで活動中。

ページの先頭へ戻る

MIHOKO・重松忠男DUO JAZZ LIVE

日程:7月8日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
MIHOKO(ピアノ)
重松 忠男(ベース)

MIHOKO・重松忠男DUO JAZZ LIVE
MIHOKO(ピアノ)

MIHOKO・重松忠男DUO JAZZ LIVE
重松 忠男(ベース)

実力派デュオによるジャズライブをお楽しみください。

MIHOKO(ピアノ) みほこ
在日中は、ピアノ講師の傍ら、ピアノ、オルガン奏者として活動。2000年に渡米。バークリー音楽大学でジャズを学び、同校パフォーマンス科を卒業。magna cum laudeでバチェラー取得。ジョアン・ブラッキーンとハービー・ダイアモンドに大きな影響を受ける。在学中、オリジナル作品でいくつかのアワードを受賞。卒業後はボストンの有名ジャズクラブを始め、ニューヨークなど多数のライブスポットに出演。自己のトリオの他、さまざまなグループのメンバーとして積極的に演奏活動を行っている。一方、ラテンアメリカのミュージシャンとも親交を深め、サルサ、ラテンジャズなどのピアニストとしても活動。毎年ボストン市内や 郊外で行われる数々のラテンミュージックフェスティバルにも出演している。 2010年、自己のピアノトリオによるファーストアルバム「We'll See」 をリリース。ボストン最大のFM局WGBHを含む、アメリカ各地の National Public Radioにてエアプレイされる。 現在は、ボストン、ニューヨーク、札幌を行き来しながら活動の幅を広げている。

重松 忠男(ベース) しげまつ ただお
学生時代より演奏活動を札幌中心に開始。1980年ごろよりライブハウスを中心に本格的な音楽活動を始める。1992年夫人本居まみとともに渡米。サンフランシスコを中心にベイエリアのミュージシャンとジャズクラブ、レストランなどでの演奏。2006年に帰国し札幌での演奏活動再開、ニセコではスキーシーズン中にジャズライブ「ハーフノート」を経営。冬シーズン中は国内外のミュージシャンをゲストに迎えて毎週末ジャズライブを行っている。2012年秋に本居まみとOn The Sunny Side Of The Streetを録音。2014年12月にはアメリカから笹島明夫、Gene Jackson、David Berkmanを迎えてのツアーに参加。

ページの先頭へ戻る

Tres Percus(トレスパーカス) ライブ

日程:7月14日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
水谷 明子(マリンバ)
藤原 貴子(マリンバ)
瀧村 正樹"Taqui"(パーカッション)

Tres Percus(トレスパーカス) ライブ
水谷 明子(マリンバ)

Tres Percus(トレスパーカス) ライブ
藤原 貴子(マリンバ)

Tres Percus(トレスパーカス) ライブ
瀧村 正樹"Taqui"(パーカッション)

マリンバ2台とパーカッションによるアンサンブルをお楽しみください。

水谷 明子(マリンバ) みずがい あきこ
武蔵野音楽大学卒業。卒業演奏会に出演日本打楽器協会主催新人演奏会にてパール賞受賞。東京都内中心に親子劇場コンサート、学校公演で全国を巡演。アメリカマリンバコンクール ゼルツマンマリンバフェスティバルに参加。現在は札幌に在住し、演奏活動とともに後進の指導を行う。小学校、区民センター、区の会館など地域の音楽活動にも取り組んでいる。2012年から絵本とマリンバで音楽物語を行う。キタラのランチタイムコンサート美術館コンサート、福島県にてソロリサイタルを行う。2017年ラグタイム音楽中心のマリンバアンサンブルで活動。今年5月函館にて世界的打楽器奏者ボブベッカー氏とラグタイム音楽を共演。北海道打楽器協会理事。札幌音楽家協議会各会員。

藤原 貴子(マリンバ) ふじわら たかこ
群馬県出身。1988年武蔵野音楽大学卒業。同年日本打楽器協会主催第五回新人演奏会出演。東京を拠点にオーケストラ、吹奏楽、室内楽、レコーディング等、幅広い音楽ジャンルで演奏活動を展開の後、1994年ミュンヘンへ留学。ミュンヘンフィル打楽器奏者アーノルド・リードハンマー、ミュンヘン放送響打楽器奏者クリスチャン・オーバーマイヤー両氏に学び1996年帰国。札幌へ住居を移し、札幌交響楽団の客演を中心に、フリーの打楽器奏者として演奏活動、後進の指導を積極的に行う。札響交響楽団の海外公演、2001年イギリス・2005年韓国・2013年台湾に出演。2011年初演、昨年3月より再演の北海道劇団四季『ライオンキング』札幌公演に出演。現在、マリンバ・パーカッションパフォーマーとして多数のグループに参加中。

瀧村 正樹"Taqui" たきむら まさき
帯広市出身。伝説的パーカッショニスト「斉藤不二男」氏の門を叩き師事を受ける。1999年、キューバの名門「Instotito Sperior de Arte(ISA)」音楽院に留学。キューバのパーカッショニスト"Panga"氏や「イラケレ」のオスカル・バルデスに師事、その後 キューバのサルサ・バンドで演奏活動をする。2001年、帰郷。その後ニュー・ヨークに短期渡米。2009年、パーカッション・スタジオ「CoroCanta」をオープン。2011年~2013年、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演にてパーカッションを担当。2013年~道内では初のプロ・ミュージシャンによるBig Band「Sapporo Jazz Ambitious」にてパーカッションを務める。2017年~劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演にてパーカッションを担当。多くのミュージシャンたちと共演、レコーディングなどを手掛け、現在、ラテン、ジャズ、ロック、クラシック、演歌、歌謡曲等ジャンルにとらわれずにフリーで活動中。また、小中高等学校、大学でのワークショップ、芸術鑑賞会、ラテンパーカッションの指導など教育にも力を入れている。毎年行われる高校や大学の定期演奏会ではゲストプレイヤーとしてプレイしている。

ページの先頭へ戻る

ダイナマイト・ミキ トリオ JAZZ LIVE

日程:7月15日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
ダイナマイト・ミキ(ボーカル)
板谷 大(ピアノ)
豊田 健(ベース)

ダイナマイト・ミキ トリオ JAZZ LIVE
ダイナマイト・ミキ(ボーカル)

ダイナマイト・ミキ トリオ JAZZ LIVE
板谷 大(ピアノ)

ダイナマイト・ミキ トリオ JAZZ LIVE
豊田 健(ベース)

ジャズコンテストonYouTube最優秀ヴォーカル賞受賞のボーカリストが登場。北海道の実力派メンバーとの共演をお楽しみください。

ダイナマイト・ミキ(ボーカル)
ジャズコンテストonYouTube最優秀ヴォーカル賞受賞。日本人離れした4オクターブを越えるディープヴォイスで幅広く歌うプロシンガー。ジャズの本場ニューオリンズで遊業。愉快なおしゃべりを交えた和洋ブレンドのステージは、ツウは唸り老若男女は踊りだす!東京のアメリカ福生市出身。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

豊田 健(ベース) とよだ たけし
1970年、札幌市出身。小・中学にかけてブラスバンドでトロンボーン・サックスを始め、中学2年の頃よりベースを独学で始める。小樽商科大学入学後ジャズ研究会に所属しウッドベースを手にし、故・伝法諭氏に師事。在学中より札幌・小樽で演奏活動を始める。1998年より北海道を代表するピアニストである福居良のグループに加入(~2004年)。現在、札幌を中心に様々なライブやセッションに参加。向井滋春(tb)、中村誠一(ts)などの北海道ツアーにも参加。

ページの先頭へ戻る

Duo KLAng(デュオ クラング)with ホセ・ロザレス
「スペインの風 ~Viento desde España 」

日程:7月16日(月・祝)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
Josete Rosales(トロンボーン)
大久保 陽子(クラリネット)
有田 麻佑子(ピアノ)

Duo KLAng(デュオ クラング)with ホセ・ロザレス 「スペインの風 ~Viento desde España 」
Josete Rosales(トロンボーン)

Duo KLAng(デュオ クラング)with ホセ・ロザレス 「スペインの風 ~Viento desde España 」
大久保 陽子(クラリネット)

Duo KLAng(デュオ クラング)with ホセ・ロザレス 「スペインの風 ~Viento desde España 」
有田 麻佑子(ピアノ)

若手実力派デュオとスペイン人トロンボニストの共演をお楽しみください。

Josete Rosales(トロンボーン) ホセ・ロザレス
スペイン、ハエンに生まれる。Jaén Concervatorio及びReal Concervatorio Superior de Música Victoria Eugenia de Granadaで研鑽を積み、その後ハンブルク音楽演劇大学で大学、大学院を修了。ハンブルク市立歌劇場、ハイドンオーケストラ等様々な場で演奏活動を行うと共に、現在JeKI、ハルブルクムジークアカデミー講師として後進の指導にもあたっている。これまでにトロンボーンをハビエル・イェラ、シュテファン・ガイガー各氏に師事。

大久保 陽子(クラリネット) おおくぼ ようこ
札幌市出身。北海道札幌北高等学校を卒業後、北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コースに入学。優秀な成績を収め同大学を卒業する。クラリネットを大村雅浩、亀井良信、渡部大三郎、多賀登各氏に、室内楽を内田輝、フリーデリケ・キーンレ各氏に師事。これまでに、同大学の卒業演奏会に出演、第3回定期演奏会では独奏を務める。平成26年度札幌市民芸術祭新人音楽会に出演。第30回ハイメスコンクール管弦打部門第1位。札幌音楽家協議会会員。 現在は札幌を拠点にソロや室内楽、オーケストラなど様々な編成で演奏活動を行い、演奏会に多数出演。後進の指導にもあたっている。

有田 麻佑子(ピアノ) ありた まゆこ
札幌市出身。5歳より本格的にピアノを始める。2009年北海道札幌北高等学校卒業後、愛知県立芸術大学へ入学。2013年同大学を優秀な成績を収め卒業し、ドイツ、ハンブルク音楽演劇大学の大学院課程に入学。2016年最優秀成績を収め同大学院を卒業し、10月より同大学の管楽器専攻伴奏ピアニストとして講師をつとめる他、後進の指導にもあたっている。 これまでに、第二回北海道ミュージックフェスティバル高校生ピアノ部門金賞、第6回横浜国際音楽コンクール審査員賞、第23回Gianluca Campochiaro国際コンクール(イタリア)ピアノソロ部門第一位および特別賞受賞。 室内楽部門では、2014年第23回Gianluca Campochiaro国際コンクール室内楽部門(バイオリンデュオ)第一位。 これまで、鈴木さやか、山下聡、宮澤功行、佐藤鈴子、ラルフ・ナットケンパー各氏に師事。

ページの先頭へ戻る


モバイルサイト MOBILE SITE

モバイルサイトQRコード

モバイルサイト
簡単アクセス!!

http://www.aeon.jp
/sc/sapporohassamu/