• 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • 日本語
  • English
  • ハングル
  • 簡体中文
  • 繁体中文

ホーム > イベント

イベント 開催予定のイベント情報をご紹介!!

Fusion of Music コンサート

日程:4月22日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
安達 彩子(ボーカル)
日小田 直美(ピアノ)

Fusion of Music コンサート
安達 彩子(ボーカル)

Fusion of Music コンサート
日小田 直美(ピアノ)

歌とピアノによる映画&ミュージカルナンバーの演奏をお楽しみください。

〈プログラム(予定)〉
(1)Seasons of Love(ミュージカル&映画『レント』より) 作詞・作曲・・・Jonathan Larson
(2)The Phantom of the OPERA (ピアノソロ) 作曲・・・Andrew Lloyd Webber
(3)Think of Me 作詞・・・Charles Hart 作曲・・・Andrew Lloyd Webber (ミュージカル&映画『オペラ座の怪人』より)
(4)A Whole New World(ピアノソロ) (ディズニー映画『アラジン』より) 作曲・・・Alan Menken
(5)Part of Your World(ディズニー映画『リトル・マーメイド』より) 作詞・・・Howard Ashman 作曲・・・Alan Menken 日本語詞・・・松澤薫・近衛秀健
(6)いつも何度でも(ジブリ映画『千と千尋の神隠し』より) 作詞・・・覚 和歌子 作曲・・・木村 弓
(7)愛のテーマ(ピアノソロ) (映画『ニューシネマ・パラダイス』より) 作曲・・・Ennio Morricone
(8)私だけに(ミュージカル『エリザベート』より) 作詞・・・Michael Kunze 作曲・・・Sylvester Levay 日本語詞・・・小池修一郎
(9)サウンド・オブ・ミュージック・メドレー (ミュージカル&映画『サウンド・オブ・ミュージック』より) 作詞・・・Oscar Hammerstein II 作曲・・・Richard Rodgers

Fusion of Music
2016年第199回道立三岸好太郎美術館ミニリサイタルでの共演をきっかけに、日小田・安達が立ち上げた音楽ユニット。音楽を表現するツールにこだわらず、所謂クラシックのコンサートとは異なった自由なスタイルでの演奏が特徴。また普段ではメインとされにくいミュージカルや映画等の曲を多く扱う。2016年5月北海道美術館協力会(アルテピア)総会・集いにて演奏。2017年1月日小田の実妹であるピアニスト森希美と大阪を中心に活躍のバリトン歌手木村孝夫をメンバーに加えコンサートを開催。無名のコンサートにも関わらずチケットが早々に完売。第1部日小田・森の姉妹デュオによる二台ピアノ演奏(プーランク・ルトスワフスキ・ラフマニノフ)では姉妹ならではの世界観と共にダイナミックで力強い演奏を披露。「息がぴったりというような言葉だけでは言い表すことができない」と評された。第2部二台ピアノ演奏に安達・木村のヴォーカルを加え、バーンスタインの「WEST SIDE STORY」をFusion of Music ver.として発表。ピアノ・歌・踊り・芝居を盛り込んだ、まるでミュージカルの舞台を見ているような構成と演出で観客を驚かせ、ラストシーンでは多くの涙を誘った。同年7月道立三岸好太郎美術館「子どものためのコンサート」にクラリネット奏者・大久保陽子を迎え日小田・安達出演。同年11月福田ダンススクール20周年記念パーティー@ロイトン札幌に日小田・安達ゲスト出演。今後も札幌では聴く機会の少ない舞台や映画音楽を中心に、このユニットならではの演奏を展開予定。

安達 彩子(ボーカル) あだち さいこ
札幌出身。藤女子高校卒業後、1998年宝塚音楽学校に入学。2000年芸名・姿樹えり緒として宝塚歌劇団入団、月組配属。オリジナル作品・海外ミュージカル等、多数出演。中でも特に芝居に定評がある。2008年ミュージカル「ME & MY GIRL」で退団。退団後、一級着付技能士・着装講師・和装スタイリスト・ヘアメイクアーティスト・アロマテラピーアドバイザー・アクセサリー作家として活動。第11回全国着付士技能コンクール留袖の部準優勝、第12回振袖の部第4位と、異色の経歴を持つ。2014年札幌に拠点を戻しフリーで活動開始。オペラ公演・コンサート・撮影等から一般依頼までヘアメイク・和装着付多数担当。同年、舞台活動再開。さっぽろオペラ祭「ママと子どものはじめての音楽会」に出演。2015年札幌オペラシンガーズに参加、以降メンバーとして「ママと子どものはじめての音楽会」や訪問コンサート、イオンモール札幌発寒店ミニコンサート、北星学園大学チャペルコンサート等に出演。オペラシンガーズヘアメイク担当。MCやアナウンスもこなす。2016年第199回北海道立三岸好太郎美術館ミニリサイタルに出演。同年、ピアニスト日小田直美と共に「Fusion of Music」立ち上げ、2017年1月コンサート「Fusion of Music」開催。同年7月道立三岸好太郎美術館コンサート出演。宝塚歌劇団撮影和装スタイリスト。

日小田 直美(ピアノ) ひおだ なおみ
4歳よりピアノを始める。北星学園女子高等学校音楽科卒業。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。星音会第14回定期演奏会、第86回道立三岸好太郎美術館ミニリサイタル・北海道教育大学卒業演奏会・CAMPARAコンサート・平成14年度札幌市民芸術祭新人音楽会に出演。2002年祝祭・国際モーツァルトin北海道2002に参加。Cembaro Fair「バロックから日本の響き」・日小田直美・曽根田正美ジョイントリサイタル・Naomi&Nozomi姉妹デュオリサイタル・Groove~二台ピアノの夕べ~・北広島ロビーコンサート・道銀ロビーコンサート・京極町コンサート他、多数コンサートの出演。第146回日演連推薦/新人演奏会に姉妹で出演し札幌交響楽団と共演。札幌を中心にソロ・アンサンブル・母親と子どものためのコンサート活動等、幅広い活動を行っている。ピアノを若狭律・熊谷玲子・梅本実・塚原恵美子の各氏に師事。現在、日小田・森ピアノ教室主宰・星音会会員・北星学園女子高等学校音楽科講師・accieメンバー。2016年元宝塚歌劇団の安達彩子と共に「Fusion ofMusic」立ち上げ、2017年1月コンサート開催。

ページの先頭へ戻る

M&M LIVE

日程:4月28日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
田島 理恵(ヴァイオリン)
村上 明子(ピアノ)
YAN(マジシャン)

M&M LIVE
田島 理恵(ヴァイオリン)

M&M LIVE
村上 明子(ピアノ)

M&M LIVE
YAN(マジシャン)

ヴァイオリン・ピアノの生演奏とマジックの異色のコラボレーションをお楽しみください。

田島 理恵(ヴァイオリン) たじま りえ
札幌市に生まれる。北星学園女子高等学校音楽科卒業。東京音楽大学器楽科(ヴァイオリン専攻)卒業。国内外のセミナー、マスタークラスを受講。これまでにヴァイオリンを藤田尚子、二村英之、佐藤良彦、浦川宜也、片山淑子の各氏に、室内楽を東彩子、瀬戸瑤子の各氏に師事。星音会定期演奏会、JRタワーそらのコンサート、東京音楽大学北海道支部コンサート等に出演。2012年、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第一番のソリストを務める。クラシックのみならずTVやLIVE等、様々なジャンルのアーティストのサポートも行う。北海道を中心に演奏を続ける傍ら、後進の指導にもあたっている。ヤマハ講師を経て、田島理恵ヴァイオリン教室主宰。札幌音楽家協議会会員。NPO法人アンサンブルグループ奏楽メンバー。

村上 明子(ピアノ) むらかみ あきこ
国立音楽大学音楽学部ピアノ科卒業。在学中、ピアノ科定期演奏会に出演。レンク国際夏期音楽アカデミーに参加。ピアノと室内楽をアドリアン・コックス氏に師事。日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。アンサンブルグループ奏楽にて、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番のソリストを務める。演奏活動の傍ら、後進の指導にもあたる。これまでにピアノを、遠藤江里子、郷農久美子、小池和子、樋口英子の各氏に、バレエピアノを米田ゆり氏に師事。元札幌舞踊会バレエピアニスト。国立音楽大学北海道同調会、札幌音楽家協議会、ハイメスアーティスト各会員。ARCO音楽教室講師。

YAN(マジシャン) やん
14歳の頃、TVタックルでナポレオンズが種明かししたマジックを中学で演じ好評を博し、高校でも初心者マジックを演じる。18歳でステージデビュー、プロ化。「ものまねライブスクウェアGANDOM」に、22歳から5年間レギュラー出演。27歳でマジックバー大手のEMPOWERに所属。その後フリーになり、「マジシャン YAN」として活動。第1回マーカテンドマジックコンベンション優秀演技賞。FISM選考会SAMマジックコンベンション優秀演技賞。全日本マジックコンテストに2回出場。2014年にインドのゴアで行われた、インターナショナルマジックコンベンションに日本代表として出場し、テーブルマジック部門にて優勝。

ページの先頭へ戻る

村田浩トリオ JAZZ LIVE

日程:4月29日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
村田 浩(トランペット)
板谷 大(ピアノ)
柳 真也(ベース)

村田浩トリオ JAZZ LIVE
村田 浩(トランペット)

村田浩トリオ JAZZ LIVE
板谷 大(ピアノ)

村田浩トリオ JAZZ LIVE
柳 真也(ベース)

日本を代表するベテラントランペッターが登場。北海道の実力派メンバーとの共演をお楽しみください。

村田 浩(トランペット) むらた ひろし
我が国で貴重な存在のバップスタイルの大ベテラン。1975年に結成した自己のTheBopBandで41年間全国へコンサート、ライブ活動を続けており、安定した人気を保っている。優れた技量と高い音楽性によって展開されるそのライブはメインストリームジャズの黄金期1940年代50年代の熱気を凌ぐエネルギッシュなもので、熱狂的なファンも多い。北海道には1992年より27年間連続でツアーをおこなっており、多くのファンから圧倒的に支持されている。教育的な活動にも積極的で、その「即興演奏クリニック」は、プロ、アマを問わず、多くのミュージシャンが受講している。過去9枚のリーダーアルバムを発表し、そのすべてが好評を得ているが、とりわけ2013年からシリーズ化して毎年発表しているTimeForFun.Vol1-4が大好評中である。1943年6月20日横浜市生まれ73歳。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

柳 真也(ベース) やなぎ まさや
1974年生まれ。17歳のときジャズメッセンジャーズを聴きジャズに興味を持つ。20歳でエレキベースをはじめ23歳でウッドベースに転向、ジャズに傾倒する。2000年頃より名古屋でプロ活動をはじめ、2004年に北海道へ移住。札幌を中心にジャズベーシストとして活躍している。堅実かつ柔軟なプレイに定評がある。

ページの先頭へ戻る

AIREAL plus LIVE

日程:4月30日(月・祝)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
AIREAL:金野 俊秀(ベース)、蛇池 雅人(アルトサックス)、中澤 一起(ギター)
Guest:按田 佳央理(フルート)

AIREAL plus LIVE
金野 俊秀(ベース)

AIREAL plus LIVE
蛇池 雅人(アルトサックス)

AIREAL plus LIVE
中澤 一起(ギター)

AIREAL plus LIVE
按田 佳央理(フルート)

実力派ジャズプレイヤーとクラシックを中心に幅広いジャンルで活躍中のフルーティストの共演をお楽しみください。

金野 俊秀(ベース) かねの としひで
1983年生まれ、旭川市出身。15歳でギターを始め、17歳でエレキベースに転向。大学入学を機に札幌へ移り住み、20歳の頃にジャズに出会いウッドベースも始める。大学在学中から市内のジャズ喫茶、ライブハウス等で演奏活動を行い、エレキベースとウッドベースの両方を扱うマルチプレイヤーとして、ジャズ、フュージョン、ファンク、ラテン、ロック、ポップス等、幅広いシーンでの演奏活動を続ける。2012年11月自身のリーダーバンド"Vital Trial"で1stアルバム「Spiral」をリリース。現在も札幌市内を中心に全道各地で演奏活動、講師活動を展開させている。エルム楽器、music studio big treeでベース講師も勤める。
Website:http://m.bassist3.webnode.jp/

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

中澤 一起(ギター) なかざわ かずき
札幌生まれ。岡本広氏、曽山良一氏らに師事し、その後札幌を中心に音楽活動をする。2005年に渡米を決意しLos Angeles、New Yorkに渡り、その後Los Angelesに移住する。アメリカでJinshi Ozaki氏に師事し音楽の幅を広げ、後にOzaki氏とのユニット『Healing Groovy』で活動しレコーディングでTribal TechのScott Kinzey(key)、Kirk Covington(dr)、Gary Novak(Dr)などと共演、様々なミュージシャンとプレイをし2012年に帰国。現在札幌を中心に音楽活動を再開する。

按田 佳央理(フルート) あんた かおり
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業後、渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院高等演奏課程を首席で修了。吉田玲子、阿部博光、中山耕一、工藤重典、工藤雅子の各氏に師事。クレ・ドール・コンクール第1位。第3回三田ユネスコ・フルートコンクール第1位、窪田孝子賞、三田市長賞、オーディエンス賞受賞。第10回仙台フルートコンクール第3位。現在はクラシックのみならず、アイリッシュやジャズなどジャンルを定めず演奏活動を展開。ソロ活動の他、アンサンブルユニット"Sprung Rhythm"(スプラングリズム)、アイリッシュバンド"Notes of North"(ノーツオブノース)などユニット活動も精力的に行っている。札幌フルート協会理事。後進の指導にも力を入れており、北海道教育楽器で講師を務める傍ら、自身でプライベートレッスンも行っている。2018年4月28日にはザ・ルーテルホールにてリサイタルを開催予定。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
トイシアター

日程:5月3日(木・祝)
時間:(1)11:00~ (2)14:00~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージトイシアター

2015年の芸王グランプリ北海道大会優勝。のっぽのパントマイミスト「トーイ竹花」とおちびのピエロ「かのん」によるコミカルパフォーマンスをお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
ミスターきくち

日程:5月3日(木・祝)
時間:(1)12:30~ (2)15:30~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージミスターきくち

全道各地で大人気の「ミスターきくち」のパフォーマンスショー。ジャグリング、マジック、パントマイムなどを織り交ぜた楽しいステージをお届けします。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
バルーンアーチスト♪あい

日程:5月4日(金・祝)
時間:(1)11:00~ (2)14:00~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージバルーンアーチスト♪あい

愛と笑顔とパワーが大人気の「バルーンアーチスト♪あい」。観客を巻き込む楽しいバルーンショーをお届けします。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
マジシャンやまちゃん

日程:5月4日(金・祝)
時間:(1)12:30~ (2)15:30~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージマジシャンやまちゃん

笑いあり、驚きあり。人気沸騰中の緑の妖精こと「マジシャンやまちゃん」のマジックショーをお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
キリガミスト千陽

日程:5月5日(土・祝)
時間:(1)11:00~ (2)14:00~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージキリガミスト千陽

1枚の紙から様々なものを生み出します。東北以北ただ一人の女流きり紙師のパフォーマンスをお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
双子忍者 ツインズ・ドラゴン

日程:5月5日(土・祝)
時間:(1)12:30~ (2)15:30~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージ双子忍者 ツインズ・ドラゴン

ついに兄弟喧嘩がヒートアップ!?双子忍者のアクション&アクロバット&コメディーパフォーマンスをお届けします。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
ピエロのスイッチ

日程:5月6日(日)
時間:(1)11:00~ (2)14:00~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージピエロのスイッチ

カラフルでコミカル、そしてハートフルな「ピエロのスイッチ」のミニサーカスショーをお届けします。

ページの先頭へ戻る

GWパフォーマンスステージ
リーリーブロッサム

日程:5月6日(日)
時間:(1)12:30~ (2)15:30~
場所:1F すずらん広場

GWパフォーマンスステージリーリーブロッサム

「はな」と「みゆ」の女性2人組のジャグリングパフォーマー。遊び心のある楽しいネタの数々と、二人の元気な掛け合いをお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

EMiKO VOiCE "Banda Carta" JAZZ LIVE

日程:5月12日(土)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
EMiKO VOiCE(ボーカル)
佐藤 浩一(ピアノ)
岡田 ケイタ(パーカッション)

EMiKO VOiCE
EMiKO VOiCE(ボーカル)

最新アルバム「Carta~手紙~」のメンバーでの、初の札幌ライブ。ジャズ、ブラジル、日本語曲までジャンルを超えた歌姫、ハイパーでキュートな歌声のボーカリストEMiKO VOiCE。このバンドの全アレンジを手がけ、アレンジャーとしても引っ張りだこのピアニスト佐藤浩一、日野皓正バンドでも活躍のドラマー岡田ケイタ。和と洋のテイストがまざった、この三人ならではの唯一無二のジャズをお楽しみください。

EMiKO VOiCE(ボーカル)
VOiCEという名前の通り、美しく軽やかに楽器のように歌うボーカリスト。5歳より東京児童合唱団で歌い始め、NHKテレビ番組にレギュラー出演。早稲田大学卒業後、米バークリー音楽大学でジャズを学び、ニューヨークで歌手として活躍、2003年帰国。さいたま、神戸、吉祥寺など様々なジャズボーカルコンテストでグランプリを受賞。スガダイロー(pf)との「PHASE DUO」、助川太郎(g)とのブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」、端唄小唄を追及するコンサートや、ボーカルグループ「TOKYO LIPS」「Tres Passarinhos」の他、CDレコーディングなど活動は多岐にわたる。
詳細はwww.emikovoice.com

佐藤 浩一(ピアノ) さとう こういち
1983年9月3日、神奈川県横浜市出身。5歳からピアノを習い始める。クラシックピアノを、國広佳子氏、鈴木理恵氏、中山真由美氏の各氏に師事。16歳で、クラシックピアノからジャズピアノに転向。ジャズピアノを、平賀篤氏に師事。18歳で、洗足学園大学(現・洗足学園音楽大学)ジャズコースに入学。Tom Pierson氏、元岡一英氏の両氏に師事。在学中からライブ活動を始める。2005年浅草ジャズコンテストのバンド部門で「宮里陽太Quartet」のメンバーとしてグランプリを受賞。2005年夏より渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に留学。ピアノ奏法をAllan Mallet氏、Danilo Perez氏らに師事。その他アンサンブルや即興演奏、アレンジなどをHal Crook、Tiger Okoshi、Dave Santoro、George Garzone、David Fiuczynski、Greg Hopkins各氏らに師事。2006年、ピアノデパートメントアチーブメント賞を受賞。また同年、バークリーからの選抜バンドとして参加したノーステキサスジャズフェスティバルで、アウトスタンディングソリスト賞を受賞。在学中から、学内学外問わずライブ・レコーディング活動を行う。そのジャンルは、ジャズ、ブラジリアン、ポップス、R&Bなど多岐にわたる。シンガーからも高評があり、さまざまなシンガーのバックを務める。2007年春にジャズ作曲科で卒業後、学内のボイスデパートメントで専属ピアニストとして勤務。その後、拠点をニューヨークに移して活動。ピアノ奏法をKevin Hays氏に師事。2008年帰国し、都内を中心にライブ活動を再開。

岡田 ケイタ(パーカッション)
1964年大阪生まれ。大阪音大在学中にアート・ブレーキーに誘われNYに2年滞在し、様々なセッションに参加。帰国、卒業後、日野皓正グループに参加。以降、向井滋春、今田勝など多数のグループでライブ、レコーディングに参加し、メロディアスで繊細かつダイナミックな演奏で知られる。現在は嶋津健一トリオ、菊池康正グループなどで活躍する一方、コーラスグループサーカスのサポートを勤めるなどジャズのみならず、Pops、Funk、Rockなど幅広く活躍中。

ページの先頭へ戻る

二胡&ギター コンサート

日程:5月13日(日)
時間:(1)13:00~ (2)15:00~
場所:1F すずらん広場
出演:
遠山 夕希子(二胡)
薮田 建吾(クラシックギター)

二胡&ギター コンサート
遠山 夕希子(二胡)

二胡&ギター コンサート
薮田 建吾(クラシックギター)

精力的な活動を展開する実力派演奏家の共演をお楽しみください。

遠山 夕希子(二胡) とおやま ゆきこ
室蘭市出身。札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業。同専攻科修了。北海道文化財団芸術家海外派遣研修で中国・瀋陽音楽学院へ留学。二胡を賀虹氏に師事。同学院民族器楽学部二胡専攻卒業。帰国後は、鑑真和上展「二胡の夕べ」、JRタワー「七夕コンサート」、各所ロビーコンサート、ハート音楽院アンサンブルのゲスト奏者として全道各地の学校芸術鑑賞会に出演。二胡を歌うように弾くその表現力には定評がある。札幌市内(中央区、北区)にて中国二胡の会二胡教室を主宰、後進の育成にも力を注いでいる。札幌道新文化センター講師。

薮田 建吾(クラシックギター) やぶた けんご
1969年生まれ。北海道日高町出身。2004年札幌市民芸術祭奨励賞受賞、2005年第32回日本ギターコンクールソロ部門第1位及び読売賞受賞。同コンクールデュオ部門第2位受賞。ギターを季子幸夫、佐藤洋美、福田進一各氏に師事。ソロ、室内楽、また、廣田幸政氏とのギターデュオ「HOLA」(オラ)、ヴァイオリン奏者である熊谷勇大氏との「Duo Esperanza」(デュオ・エスペランサ)、平佐修・佐藤洋一両氏とのギタートリオ「エミグランテ」を結成、道内外で幅広く活動をする。また、2013年より、フルート奏者の鈴木舞、ファゴット奏者の宮崎寿理両氏(東京在住)との異色のトリオ「trioganic」(トリオーガニック)を結成。東京、札幌での定期公演には定評がある。2014年東京オペラシティ近江楽堂にて、H・G・ホランド作曲、フルート、ギター、チェロの為の「3つの無言歌」ファゴットリダクション版を世界初演、好評を得る。薮田 建吾ギター教室(南円山ギター教室/090-7644-8645)を札幌円山にて主宰。また、円山KKミュージックホールにてコンサートやイベントを企画開催、後進の育成にもあたっている。ファーストアルバム「PLAYS」好評発売中。

ページの先頭へ戻る


モバイルサイト MOBILE SITE

モバイルサイトQRコード

モバイルサイト
簡単アクセス!!

http://www.aeon.jp
/sc/sapporohassamu/