『情景師アラーキー』の凄い!ジオラマ展 in イオンモール高松

※画像はイメージです。

日程:4月29日(木・祝)~5月9日(日)
時間:10:00~21:00
場所:1F シーコート
※観覧無料

超リアルなミニチュア造形の世界へようこそ!

2018年ゴールデンウィークに開催をし好評をいただきました「情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展」を今年のゴールデンウイークにも開催いたします。

今回は3作品を除き前回未公開作品での構成となっておりますので、今回初めてご覧いただくお客さまはもちろんのこと前回ご覧いただいたお客さま方にも存分に楽しんでいただける展示内容となっております。

多くのTV番組でも紹介された「情景師アラーキー」こと荒木智さんの細部までこだわりぬかれた作品たちをぜひ会場でご堪能ください。

《プロフィール》
情景師アラーキー/荒木智(あらき・さとし)
1969年東京生まれ、東京都在住。
幼少の頃に母親に教わった「箱庭づくり」と特撮映画の影響で、模型に興味を持ち、プラモデル三昧の少年時代を過ごす。
中学時代に手にした模型雑誌から手法習得し、本格的にジオラマ作りを開始、各種模型コンテストに出品し、腕を磨く。
ものづくりの楽しさを生業とすることを決心し、大学で工業デザインを学び、1993年に株式会社東芝にプロダクトデザイナーとして入社。
以後、趣味としてジオラマ製作を続け、30代前半、模型コンテストの受賞をきっかけに、各種模型雑誌からの依頼を受け、ジオラマ作品を多数製作発表。
サラリーマンをしながら、ジオラマ作家として二足の草鞋で活動を続ける。
2014年にネットで拡散した作品が、「リアルすぎるジオラマ」としてテレビなどメディアで大きな反響を呼ぶ。
2015年には、初の著書『凄い!ジオラマ』執筆。
同年にフリーとなり、ジオラマの世界で幅広く活躍中。

日程 4月29日(木・祝)~5月9日(日)
時間 10:00~21:00
場所 1F シーコート